『家の中』でチワワの保護活動?珍しい状況でレスキュー完了

『家の中』でチワワの保護活動?珍しい状況でレスキュー完了

ある住宅の周辺で捨てられたチワワは、気づけばその家に出入りするようになっていました。保護団体は家にお邪魔して、居間や廊下で犬を追うという珍しい状況になりました。

お気に入り登録

人も犬も家の中で安心

通報・発見

捨てられた小型犬の保護依頼を受けた保護団体Hope for Pawsが現場に急行しました。

犬は保護依頼者の家の中に入ってくるというので、犬を玄関まで誘導しました。チワワですね。

右にたれている赤いヒモは、団体が「ラッキーリーシュ」と呼んでいる布リードです。

保護

ラッキーリーシュをいやがって、犬は家の中に逃げ込みました。犬も家の中で少し安心した様子。まるでここの飼い犬のようです。笑

これで慌てずにつかまえることができます。あっ、手から直接フードを食べてくれました。でも布リードを見せられると、やっぱりまだ逃げ腰です。

「こんなレスキュー、珍しいね。笑」とスタッフ。確かに、家の中での保護活動はなかなか見たことがありませんね。

この子を「サニー」と名付けました。

廊下を歩く間の一瞬のすきに、犬にラッキーリーシュをかけました。お見事!

「サニー」はちょっと驚いた表情ですが、パニックになることもありません。サニーをなでながらそっとキャリーケースに入れて、静かに保護完了です。

ケア

病院の診察台の上では少し緊張気味のサニーに予防接種を済ませ、そして体を洗います。

ガマンしてる、偉いね!

生乾きの体をこする動作、犬によく見られますね。これをやっている時は、何だか楽しそう。

それから

ほどなくして一時預かり施設から里親さんの元へ。

すこし白髪も出て高齢の域に入ってきつつあるサニーですが、まだまだピョコピョコとびはねる元気者です!よかったねサニー。

もう捨てられるなんてことは、ありません。

動画をどうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。