犬のケージが持つ3つの役割!意外な効果や使うときのコツを解説

犬のケージが持つ3つの役割!意外な効果や使うときのコツを解説

リビングの一角などでケージをお使いになられているご家庭も多いのではないでしょうか。小さなころから上手に教えれば、ケージは旅行先や外出先でも役に立つアイテムのひとつになります。今回は、ケージが持つ便利な役割3つと、その効果についてお伝えしてまいります。また、犬にケージを教える際のちょっとしたコツについても触れていきたいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の提供

日本初ウェディング専門ペットシッター会社【銀座INPET】代表。犬の心を大事に育てるメソッドを推奨。過去に警察犬嘱託訓練所、USトレーナーズキャンプ参加等、様々な訓練経歴を持つ

ケージは「おしおき部屋」ではありません

ぬいぐるみ抱くジャック

本来は犬にとって落ち着く寝床であり、自分だけの守られたスペースであるべきケージ。でも、まるで犬の「おしおき部屋」のように、犬を閉じ込めるための部屋として使用している飼主さんはいらっしゃいませんか?

こうしたしつけ方法をされている方は思った以上に多いのですが、先に申し上げますと、実は犬にはなんの効果もありません。そればかりか、ケージ=(イコール)閉じ込められる場所だと犬が覚えてしまい、益々ケージに入りたがらなくなるという悪循環に転じてしまうことがありますので要注意です。

では、正しくケージを教えた場合の役割、効果を見てまいりましょう。

ケージの持つ役割、その1

寝床

ひとつめの役割は「寝床」。あなたは犬の寝床をどんな環境にしているでしょうか。人のソファー?人と同じ布団? 犬は人の子供のようなしぐさをすることが多いですから、私たち愛犬家はついつい犬を人の子と同じように扱いがちになります。

その気持ちは異種である人と犬との関係性が深まったひとつの証とも言えますが、やはり犬の持って生まれた本能的に求める習性というものがあります。犬が落ち着く寝床とは、清潔であること。また、ちょっぴり薄暗く、周りが囲われているスペースだと言われています。

これは、犬たちがまだオオカミだった太古の時代に染みついた防御本能に由来しています。彼らは、別の群れによる背後からの襲撃を避けるため、洞窟を寝床としていました。こうしたことから現在の犬たちにおいても、寝るときは本能的に落ち着けるケージを使用することは犬の情緒の安定にもつながり、深い眠りをもたらす役割があると言えますね。

ケージの持つ役割、その2

ケージラブ

2つめの役割は「自室」。いつもは広いお部屋の中を縦横無尽に行き来している犬でも、自室としてのケージ内で過ごすことが求められるシチュエーションもあるでしょう。例えば、犬が苦手だという来客があるときなどがそれにあたります。

また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんから犬への好き好きアプローチが激しすぎるために、犬の方が小休止したい気持ちになる場合があります。そんなとき、誰にもじゃまされずないスペースとしてケージがあれば、犬はそこで休憩が取れますね。

自室としてケージ利用を犬に教えるときに絶対にしてはいけないのは、犬が嫌がっているにも関わらず無理やり閉じ込めること。では、どのようにすれば、上手く覚えてくれるのでしょうか。それについては下のまとめ項目に記載していますので、どうぞご覧になってみてくださいね。

ケージの持つ役割、その3

伏臥プードル

3つめの役割は「危険から身を守る」。はて?なんのことかな?と、思われた方もきっといらっしゃいますね。分かりづらいかもしれませんが、実はこれがすごく大事。

例えば犬は飼主さんと一緒に車で移動することがありますね。考えたくはないですが、万が一、思わぬ交通事故に巻き込まれてしまったと仮定します。車両の事故ですから、大なり小なりの衝撃を受けざるを得ません。その際、人はシートベルトやチャイルドシートがダメージから一定程度守ってくれますが、犬はどうなるでしょうか。

よく聞くのは、衝撃で開いたドアから身を出し、パニック状態のまま逃走してしまうケースです。そうなれば、探し出すのが困難などころか、犬は再び事故やケガに見舞われることも考えられます。そうした予期せぬ事態に備え、車での移動時はケージを利用するのを心がけたほうが良いですね。

また、台風や地震などの災害に見舞われた場合のことも、わたしたち日本人は常に意識をしなければなりません。犬にケージが安心できるスペースだと教えておくことで、避難場所での不安を少しでも取り除いであげたいですね。

まとめ

ケージパグ

最後に「ケージの持つ役割、その2」でお話しした、上手なケージトレーニングについてお伝えします。成功へのキーワードはこちら。「うれしい、楽しい、大好き」です。

まるで人気歌手の歌のようですが、これは紛れもなく、犬のケージトレーニング成功への呪文のようなお約束。このトレーニングの肝は、ケージにネガティブなイメージを植え付けないことにあります。ですから、ケージの中はいつでも清潔にし、寝心地の良いベッドやマットを置きます。

薄暗い空間を作るために、ケージの半分程度を上から布で覆うのがおすすめです。食べるのに時間のかかるおやつや、夢中になれる知育おもちゃをあらかじめ用意し、「ハウス」という明るい掛け声とともにケージに誘導します。

最初は短い時間から始め、徐々に長い時間にチャレンジしていきましょう。尚、幼い時期に始めるのが最も良い方法ですが、成犬、シニア期でも教えることは十分可能です。犬との生活にケージを上手に取り入れ、より快適な毎日をお過ごしくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。