禁じ手発動!経験に基づくとっさの判断でピットブルを無事に保護

禁じ手発動!経験に基づくとっさの判断でピットブルを無事に保護

リードを見せるとこわがって逃げる犬はよくいます。いったん近づいたこの犬も、緊張を察知して遠のいてしまいました。2度目のチャンスが訪れた時、保護団体のリーダーは危険と知りつつも禁じ手を繰り出しました!

お気に入り登録

おとなしい犬でも、それは危険!

通報・発見

捨てられたピットブルの保護依頼で保護団体Hope for Paws が出動する車中。「君、犬にあげる食べ物を食べちゃダメでしょ。」「ちょっと1口もらっただけじゃん!2口か。」漫才コンビ?

でも保護活動は、まじめに遂行します。さっそく植込みの日陰で休んでいる犬を発見しました。

「メイジ―」は、近くの工場勤務の人たちの世話になっているそうです。

近づくと、落ち着いて「よっこらせ」と起き上がりました。メイジ―からこちらに寄って来てくれるのを待ちます。

接近・保護

ちょっと立ち止まって「何の用かな。やさしいのかな」と考えている様子。食べ物を投げてみると、出てきて食べてくれました。

ゆっくりと注意深く近づいて、まずは女性から、そして男性からも直接食べ物を受け取ります。よしよし。

捨てられて数週間。まだ毛並みもきれいです。なぜ捨てた、元飼い主よ?!

十分に近づき、頭や首筋をなでられるようになったところで布リードを装着! かと思いきや…、メイジ―はクルッと向きを変えて植込みに戻ってしまいました。

「そろそろつかまえるぞー」という意気込みを察知されたのでしょうか。メイジ―はそのまま逃げて行ってしまいます。

ところが、メイジ―は戻って来てくれました。

ここが勝負どころ!職員は地面に寝転んでリラックスしたフリをします。

リードを見ると怖がるようなので、男性のリーダーは禁じ手を使いました!なんと、メイジ―の前足を素手でぐっとつかんだのです。

これは危険なので、普通は絶対にしてはいけません!恐怖心にかられた犬は、腕に咬みつく恐れがあります。

リーダーは、メイジ―に攻撃性はないと判断して禁じ手に出たのです。その判断が吉と出て、メイジ―は前足を取られたまま、静かに布リードを受け入れてくれました。

それから

1度逃げたけれど、犬の勘が「この人たち、大丈夫。付いて行こう」とささやいたのかもしれません。

リードをつけられて、メイジ―はかえってリラックスした様子。ヘソ天で甘えてくれました。

病院でも、そこにいた小型犬にやさしくあいさつして、メイジ―はとても、とてもうれしそう。

撮影の時点で里親募集中ですが、この子はきっともう素敵な家族の一員になっていますよ。

緊張の後の安心と喜びの動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。