飼い主に置き去りにされ人間不信になった犬を隣人が保護

飼い主に置き去りにされ人間不信になった犬を隣人が保護

引っ越した家に飼い犬が置き去りにされました。隣人が数カ月食べ物を与えていましたが、全くなつかなかったそう。ところが保護当日、犬は不思議な行動を取りました。

お気に入り登録

犬の勘?

通報・発見

数カ月前に隣家が引っ越した後、そのまま置き去りにされた飼い犬。

その放置された犬の面倒を見ていた隣人が、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Paws に保護依頼。犬はすでに依頼者の家のポーチにつながれていました。

隣人は置き去りにされた犬に食べ物を与えていましたが、犬はずっと緊張状態にあったせいか、決して触らせなかったそうです。

あれ、でもこの日はつながれて、頭をなでられていますよ?この日、犬に「今日、Hope for Paws が来てくれるからね」と言ったら、突然大人しくなったのだとか….

不思議なこともあるものですね。笑

ケア

ここ数カ月の緊張の糸が切れたのか「コナ」と名付けたこの子は、病院の診察台で毛刈りの最中に今にも眠り込みそうです。

ツルツルになったら、全身をくまなく洗います。ここでも大人しいコナ。

もう心配はいらないことを悟ったようなコナでした。

それから

数週間でトントン拍子に話は進み、最後はまっ白でポワポワなコナが明るい里親さんの家族の中にいる様子です。

3人姉妹に囲まれて、女の子のコナは4番目の妹になりました。コナの幸せ、確定です!

犬の第六感に導かれ(?)出会ったこの家族がコナの本当の家族だったんですね。

どうぞ動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。