夢物語なんかじゃない!殺処分寸前だった犬が命を救う『災害救助犬』へ!

夢物語なんかじゃない!殺処分寸前だった犬が命を救う『災害救助犬』へ!

保護団体『ピースワンコ・ジャパン』の始まりとなった一頭の保護犬『夢之丞』くん。絶対に不可能だといわれた挑戦、しかしそれは夢物語なんかではなく『夢の物語』となりました。

お気に入り登録

奪われるはずだった命が救った多くの命

『夢の物語』のきっかけとなったのは、2010年11月のある日。愛護センターで出会った彼はひどく怯え心を閉ざし、命の灯火が消えるその瞬間をただ待っていました。

ドリームボックスの前で自分の番を待つ小さな子犬

愛護センターを訪問した団体代表の大西さんは、通称『ドリームボックス』と呼ばれる殺処分機の前で殺処分を待つ最後の一頭となった子犬と出会います。

他の犬達はすでに殺処分され、自分の番をただ待つことしかできない子犬は心を閉ざし、ひどく怯えていました。

『仕事には向かない』それでも希望を託したい

『怯え方が普通じゃない。普通の犬になれば万々歳、仕事には向かない』それでも大西さんは小さな子犬に大きな希望を託すことを決意されます。

『救助犬になれる可能性は低いかもしれないけれど、トライしたい。殺処分対象の子が人の命を救うかもしれない』

誰もが不可能だと言った『夢のような物語』は、この瞬間から動き始めました。

初代ハンドラーとの出会いと成長

命を奪われる瞬間をただ待つしかなかった小さな子犬は『夢之丞』という名前を受け取り、新たな人生を歩み始めたのです。

初代ハンドラーの佐野さんは『ただ人を好きになってほしい、幸せに生きてほしい』と、ただ夢之丞くんの幸せを願い寄り添い続けました。

笑顔を見せ始めた夢之丞くんは次のステップへ

おもちゃを持って駆け回り、他の犬達とじゃれ合いっこさえできるようになった夢之丞くん。そして遂に次のステップへ...。

被災地を歩く技術、要救助者を発見、知らせる技術…そして何よりも勇敢に現場へと進んでいく強い心を手に入れる必要がありました。

『そんなこと不可能だ』そう言われたことを一つずつ、一歩ずつ…夢之丞くんはクリアしてみせたのです。

殺処分寸前だった犬が災害救助犬へ!

保護から4年、夢と希望を持ってドリームボックスから出てきた夢之丞くんは初めて現場へ出動。行方不明の発見に繋がる活躍をみせました。

命を奪われる瞬間を待っていた小さな子犬が、多くの命を救う存在となったのです。夢物語だと言われ続けた前代未聞のトライは、『夢の物語』として受け継がれていくこととなりました。

ぜひ、夢之丞くんのストーリーを動画でご覧になってください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

ピースワンコ・ジャパン

▼ 公式サイトはこちら
https://peace-wanko.jp

▼ YouTubeチャンネル
ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

▼ ワンだふるサポータ(保護犬を守る)
ワンだふるサポータ(保護犬を守る)

▼ インスタグラム
ピースワンコ・ジャパンInstagram
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。