絶対にあきらめない保護職員!深夜にまで及ぶ捜索のすえ犬を保護!

絶対にあきらめない保護職員!深夜にまで及ぶ捜索のすえ犬を保護!

路上生活の2匹の犬の保護依頼でしたが、何度さがしても、1匹は見つかりませんでした。大人しい1匹を保護しましたが、消えたもう1匹も、あきらめない決意です。

お気に入り登録

ケガした子はどこへ…

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体Hope for Paws の10年以上前の撮影技術もまだつたない頃の保護活動記録です。

2匹の犬の保護依頼を受けて現場に来てみると、車の下に1匹。すぐに発見できました!

この子は「ゴールディ」と名づけます。食べ物を投げてみるとすぐに拾って食べ、そして車の下から出てきてくれました。

「うーん、どうしようかなぁ…」と言いたげな表情ですが、このあと手から直接パクッと食べてくれました。

ゴールディは何とかなりそうということで、もう1匹を探しに行きます。その犬はケガをしていると聞いていました。

お昼時なのか、道ばたには移動販売の店がいくつか出ているようです。食べ物のにおいにつられて、犬がそのあたりにいないでしょうか。

…残念、見つかりませんでした。

ゴールディのところに戻り、信頼関係を築きます。もうだいぶ慣れてきて、食べ物をあげながら、頭のまわりをなでることができるようになりました。

ですが、日中の保護活動は時間切れ。次の保護予定にいかなければなりません。

ここで重要な決断をしました。触れるまでになったゴールディをその場に置いていくことに。

ゴールディがいなくなると、もう1匹も放浪していなくなってしまう心配があったからです。

保護

そして夜10時半。ゴールディの元に急ぎました。

ゴールディは同じ場所にいました。よかった~。

この時は酔っ払いがふらふらしていて、ゴールディにもちょっかいを出しそう。お願い、ちょっとどいてくださいな。大事なとこなんですよ。

もう1匹の犬はやはり現れません。ゴールディだけ保護します。酔っ払いのせいで少しナーバスになったゴールディですが、アパート入口のドアの前に追い詰めて逃げられる心配はなくなりました。

リードを…スポッ!受け入れてくれた、ありがとう!でもちょっと、ショボーンとしちゃった。近くで酔っ払いがまだ騒いでいるようで、それがこわいのもありそうです。

数分後、まだ「イヤイヤ」状態のゴールディをやさしく引っ張って車に乗せました。座席の足元にちゃんと飛び乗ってくれましたよ!

ケア

無…。

ここ、たぶんリーダーの自宅です。当時は病院との連携などもまだなかったようですね。

夜中、そして翌日

ゴールディはとってもおとなしくしていて、すべて受け入れてくれました。

そして夜中過ぎの1時半、リーダーは再度保護現場を訪れました。ケガをした犬は…いない。でも、あきらめず捜索を続けると決意しました。

ゴールディは知人の一時預かり家庭が引き受けてくれたよう。翌日に会いに行くと、警戒心をすっかり解いておなかも見せてくれました。こんなにモフモフ素直な子ですから、きっと里親さんが見つかったのでしょうね。

動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。