あなたは愛されてる?犬が『好きな人だけにする反応』4選♡

あなたは愛されてる?犬が『好きな人だけにする反応』4選♡

犬たちは感情が豊かで、相手への気持ち次第で態度や反応が大きく変わります。この記事では、犬が好きな人にだけ見せる反応をご紹介していきます。

お気に入り登録

1.会った瞬間に大喜びする

門のところにいるジャックラッセル

飼い主さんが帰ってくると、一目散に玄関や部屋の扉の所まで走って出迎えにくる犬がいると思います。

これは、その様子からもはっきりとわかるように「大好きな飼い主さんが帰ってきてくれてうれしい!」「会いたかった!!」という気持ちのあらわれでしょう。

犬は愛情を持っている人に会えると安心感や喜びを感じるため、その気持ちを表現する方法としてしっぽをぶんぶんと大きく振ったり、飛びついたり、その場を走り回ったりします。

うれしい感情を抑えきれずに体が動いてしまうのだと思います。

お留守番をした後のように離れている時間が長かった時だけでなく、ちょっとトイレやお風呂に行っていただけでも部屋に帰ってきたら喜びの表現を見せることもあります。

2.姿が見えなくなると探す・鳴く

窓の外を見るビーグル

犬は大好きな人や仲間だと感じている相手がいなくなると、不安やさみしさを感じます。

そのため、ふとその相手の姿が見えなくなると、「どこに行っちゃったんだろう?」「ちゃんと帰ってくるのかな?」と思って、キョロキョロしたり、あちこち歩き回ってその姿を探そうとします。

このような気質を利用して、犬との遊びのひとつに『かくれんぼ』を行うこともできます。

家の中などで、犬にマテをさせてからほかの部屋に行ったり、カーテンの陰に隠れたりして「おいでー!」と呼んで犬に探させるのです。

飼い主さんを見つけることができれば、大好きな人に会えた喜びとほめてもらえた喜びでこの遊びが大好きになることでしょう。

3.体をぴったりつけて寄り添う

男の子とレトリバー

飼い主さんが部屋でくつろいでいる時などに、犬がそっと寄り添って座ってきたり、背中を預けるようにしてくっついてきたりすることがあると思います。

犬は大好きな人のそばにいると安心しますし、ゆっくり安らぐことができるからです。

また、信頼している相手でなければ、自分の背後を見せるようなことはしませんし、その相手のそばで伏せたり寝たりという無防備な姿を見せることはしないでしょう。

警戒心を持っている相手がそばにいる時は、いつでも逃げたり攻撃を防御したりできるように、すぐに立ち上がれる体勢でいることが多いと思います。

また、相手の動きをすぐに把握できるように、目をつぶらずに休んでいることが多く、熟睡するようなことは決してありません。

そのため、体を預けるように寄り添い、ぐっすり寝入るようなことがあれば、その相手に対して信頼や愛情を感じているということだと思います。

4.心配している様子を見せる

見つめる茶色い犬

犬は群れ社会で生きてきた動物の本能を受け継いでいることから、家族や仲間のことを心配する様子を見せることがあります。

このような性質から、飼い主さんが泣いたり悲しんだりしている時に心配そうにまわりをウロウロしたり、顔や手を舐めたりすることがあるのです。

飼い主さんが落ち込んでいる時などに、様子を伺ったりなぐさめたりするような素振りが見られたら、大切に思ってくれているということかもしれません。

まとめ

笑顔のポメラニアン

犬は表情やボディランゲージ、行動でさまざまな感情表現をします。

ここでは犬が好きな人に対して見せることの多い態度や反応の中でも、比較的わかりやすいものをご紹介しました。

もちろん、ここで紹介したものに限らず、犬によってそれぞれ愛情を示す行動や態度は異なるので、ぜひ愛犬の様子を観察して感情を読み取ってあげましょう。

そして、愛犬からの愛情を感じられた時は、ぜひ飼い主さんからの愛情も伝わるようにスキンシップやコミュニケーションをたっぷり取ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。