犬が『辛い』と感じている生活環境5選!ストレスフリーで快適な空間を目指すには?

犬が『辛い』と感じている生活環境5選!ストレスフリーで快適な空間を目指すには?

愛犬のためにいろいろと気を配っている飼い主さんは多いと思います。しかし、犬と人間では体の構造が違うため、普段感じている感覚にもだいぶ違いがあるようです。飼い主さんがストレスフリーだと思っている生活環境も、愛犬にとってはストレスフルなものかもしれません。今回は、犬にとって辛いと感じてしまう生活環境についてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

体の構造や習性が異なる動物種が一緒に暮らすということ

見つめ合う人と犬

私たち人間は、五感のうちの約8割を視覚から得ています。

しかし、犬にとって視覚が五感の中に占める割合は2割程度でしかなく、嗅覚が4割、聴覚が3割程度だと言われています。

このように同じ空間で暮らしていても、愛犬と飼い主さんでは感じている世界に大きな開きがあるようです。

飼い主さんが愛犬の立場に立ってストレスフリーな生活環境を作ることが、お互いに快適に暮らしていくための秘訣だと言えるでしょう。

そこで今回は、犬にとって辛いと感じる生活環境にはどのようなものがあるのかについて、ご紹介します。

犬がストレスを感じる要因を知る

犬がストレスを感じる要因

ストレスを感じている犬

犬は、食べる、休む、寝ることに支障が生じたり、周囲の人や動物たちとの関係がうまくいかないと感じることで、ストレスを感じます。その中には、自分自身の体調に不安を感じることも含まれています。

この「食べる、休む、寝る」ことは、犬にとって「生きる」ことを意味しています。

実際にはこれらに何の問題がなくても、「上手くいかないのではないか」という不安を感じることでストレスになるという点に注意が必要です。

つまり、繊細で怖がりな性格、警戒心が強い犬、甘えん坊な犬は不安を感じやすいと意識した方が良いでしょう。

また、飼い主さんと犬が1対1で生活している場合や高齢犬も、飼い主さんに対する依存心が増すために不安を感じやすいと考えられます。

犬のストレスのサイン

牙をむく犬

愛犬は言葉で辛いとか不安だということを伝えてはくれません。しかし、普段の行動をよく観察していれば、愛犬の行動や仕草などから知ることができます。

犬がストレスを受けて気が弱くなっている場合は、下記のような様子がみられます。

  • すぐに怒る
  • イライラしていることが多い
  • 常に悲しそう、または寂しそう
  • 常にビクビクしている
  • 引きこもって姿を見せない
  • 遊ばなくなる
  • 落ち着かない
  • 食欲がない、または食べすぎる
  • 排泄しない、下痢、便秘、嘔吐などの消化器系の不調
  • 寝ない、または寝過ぎる
  • 常に自分自身の体を舐め続ける

もしも愛犬に上記のような様子が見られたら、これからご紹介するような生活環境になっていないかについて、見直してみてください。

犬が辛いと感じる生活環境

1.独りで落ち着ける場所がない

ハウスで寝る犬

いくら犬が集団行動をする動物だからといっても、独りきりで落ち着きたいと思うこともあります。そのような時に、愛犬が独りで落ち着ける場所を確保してあげることが大切です。

ハウスやベッド、クレート等を設置してあげましょう。なるべく人の出入りが少なく、テレビやラジオ、また外の音などが聞こえにくい静かな場所が良いです。

犬の聴覚はとても優れているため、遠くの音や小さな音にも敏感で、落ち着けないからです。

2.家族と繋がれる場所がない

犬が独りきりで落ち着ける場所があるだけでは、充分な生活環境だとは言えません。家族と繋がれる空間も必要です。家族や他の同居動物たちと一緒に過ごせる共通の空間を用意しましょう。

飼い主さんが長く過ごす部屋が好ましいです。その部屋には、愛犬にいたずらをされると困るような物は置かないようにすることが、お互いが快適に過ごせる秘訣です。

3.日差しやエアコンの風が直接当たる

直射日光に当たる犬

愛犬の寝床や留守番をする際のクレートなどの設置場所には、特に気を配りましょう。騒がしくない場所で、直射日光やエアコンの風が直接当たるような場所も避けてください。

また、生活環境の衛生管理はしっかりと行いましょう。アレルギーの犬にとって、ハウスダストや花粉がアレルゲンになることも多いです。

4.頻繁に環境が変わる

生活環境が頻繁に変わること自体も犬にとってのストレスです。犬は保守的で、物事に臨機応変に対応するのが苦手なのです。

引っ越しやお部屋の模様替えを頻繁に行うようなご家庭の場合、環境の変化に追いつけずに辛い思いをすることがあります。

今までできていたことができなくなった、トイレの失敗が増えたなどの場合は、環境の変化によるストレスが原因かもしれません。

むやみに叱らずに、正しい行動ができるようにやさしく誘導しましょう。また、なるべく犬のニオイがする物を残しておきましょう。

5.留守番時の誤った対応

見送る犬

飼い主さんには飼い主さんの生活があるので、昼間愛犬に長時間の留守番をさせてしまうのも仕方のないことです。しかし、犬は飼い主さんが必ず帰って来てくれると信じているから留守番ができるのです。

「もう帰って来ないかも…」という不安を抱いてしまうと、それが元で精神面が不安定になり問題行動に繋がります。

過去に捨てられた経験がある犬や、留守番中に震災に遭った経験を持つ犬の場合は、しっかりとしたフォローが必要です。

また、飼い主さんが帰宅した直後に愛犬が非常に興奮する場合は、一旦落ち着くまで声を掛けないでください。

飼い主さんも一緒になって「ただいま。ご苦労さま!」などと声を掛けて抱きしめると、益々愛犬の精神状態を不安定にしてしまうことがあります。

まとめ

こちらを見つめる犬

愛犬にとっても飼い主さんにとってもストレスフリーな生活環境を作るのは、飼い主さんの役目です。そのためにも、普段から愛犬の様子を観察することを習慣づけましょう。愛犬の普段の様子を知らなければ、愛犬の変化にも気付けないからです。

愛犬のことを一番良く分かっているのは飼い主さんです。愛犬のちょっとした変化にもすぐに気付けるような観察眼を養いましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。