犬は『飼い主』と『他人』をどうやって判断しているの?

犬は『飼い主』と『他人』をどうやって判断しているの?

愛犬がなぜ自分のことを飼い主だと判断できるのか、疑問に思ったことはありませんか?犬はにおいをはじめ、飼い主から発せられる様々な情報をキャッチして判断しています。本記事では犬が「飼い主」と「他人」を判断するポイントについてご紹介していきますね!

お気に入り登録

犬が「飼い主」と「他人」を判断するポイント3つ

笑顔の女性とレトリバー

1.におい

ひとつ目のポイントは、飼い主のにおいです。

犬の嗅覚が優れていることは、多くの方がご存知でしょう。その嗅覚は人の1億倍ともいわれています。においを嗅ぐことで、相手やモノの情報を収集するのです。

飼い主のにおいは毎日のように嗅いでいるため、すぐに判断することができます。

犬にとって飼い主のにおいは、いつも近くに感じるものなのでリラックス効果があるともいわれているんですよ!

2.音

次に、飼い主が発する音も他人と識別するポイントになります。

犬は嗅覚以外にも聴覚が優れており、人間には聞こえない小さな音や遠くの音まで聞こえているのです。

具体的には人間が聞き取れるのは2万ヘルツまでなのに対し、犬は約5万ヘルツまで聞こえるといわれています。そのため、飼い主の声だけではなく、足音やキーホルダーが擦れる音なども聞こえます。

帰宅すると愛犬が玄関で待っていたなんて経験がある方も多いのではないでしょうか?これは犬が普段から飼い主の音を聞き、慣れた音が聞こえてくると飼い主と判断しているからです。

3.顔

犬は飼い主の顔も認識できるとされています。以前は、嗅覚や聴覚は優れているけれど視覚は劣っているといわれていました。

しかし、フィンランドの大学で行われた研究で「犬は飼い主の顔を認知できる」ことがわかったのです。

実験はスクリーンに飼い主と他人の顔写真を映し出し、犬の反応を見るというもの。

結果として、飼い主の写真が映ったときはまっすぐに写真の目をみつめ、他人の写真が映ったときは顔を見回すような仕草がみられたとのことでした。

この結果から、犬は飼い主の顔をみて他人と判別していることがわかります。

犬は飼い主の感情もわかる

犬と頭をくっつけている女性

ここまでで犬が「飼い主」と「他人」を判断する3つのポイントをお伝えしてきました。犬はあらゆる感覚を通じて飼い主を認識していることがわかりましたよね。

さらに最近では、飼い主の感情も認識しているという研究も発表されています。

オーストラリアの大学では、犬が人間の笑った顔と怒った顔を判別できるかという研究が行われました。そこで、判別できるだけではなく笑顔はポジティブな感情、怒った顔はマイナスな感情と理解していることもわかったのです。

また、イタリアの大学の研究によると人の体臭によって感情を読みとっている可能性があることも判明しました。人がストレスを感じたときの汗のにおいを嗅ぐと、犬も同じようにストレスや不安を感じるようです。

飼い主の感情がうつることもある

人間の感情を認識できるだけではなく、感情が伝染することも近年の研究でわかってきています。

研究は飼い主とその愛犬に心拍計をつけ、飼い主がリラックスした状態とストレスを感じている状態の心拍数の変化を分析するというものです。

その結果、心拍数は同じように変化しました。とくに、一緒に生活している期間が長い飼い主と愛犬ほど感情は同じように変化したと言います。

落ち込んでいるときに犬が寄り添ってきてくれたことがある方も多いのではないでしょうか。

犬は大好きな飼い主が悲しんでいると同じように悲しく、喜んでいるときは同じように喜んでいる可能性が高いということですね。

まとめ

女性と寄り添って海を眺めている犬

犬は嗅覚・聴覚・視覚とあらゆる感覚を通じて、飼い主と他人を判断しています。また、飼い主の感情まで認識し共感していることもわかりましたよね。

飼い主が悲しんでいると愛犬も悲しいと感じてしまいます。できるだけ愛犬の前では、笑顔で楽しく過ごせるように心がけてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。