犬は『飼い主の真似』をする!?やりがちな5つの行動

犬は『飼い主の真似』をする!?やりがちな5つの行動

犬がやりがちな飼い主を真似た行動についてまとめました。愛犬に真似されて困るうっかり行動には注意したいですね。飼い主の真似をする理由も解説します。

お気に入り登録

飼い主を真似た犬の行動

手を高く上げるバセンジー

1.同じ方向を見る

飼い主を真似して犬も同じ方向を見ることがあります。

お散歩の時、道路を渡るために左右を確認しますよね。後ろが気になって振り返ることもありますね。何となくふと空を見上げることもあるのではないでしょうか。

実は愛犬があなたを真似して、同じ方向を見ていることに気づいているでしょうか。

飼い主が警戒すると犬も警戒しますし、自分も同じ方向を見て確認したいのです。何かあるのかな?と気になって同じ方向を見ることもあります。

2.引き出しや扉を開けようとする

飼い主を真似して犬が引き出しや扉を開けようとすることがあります。

ただ単純に真似をしているわけではありません。その引き出しの中におやつが入っていることを知って真似しているのです。

手先が器用な犬や開閉がスムーズな引き出しは簡単に開けてしまうことがありますのでご注意ください。

リビングから出たい時、立ち入りを禁止されている部屋に入りたい時、飼い主を真似して扉のドアノブに手をかけることもあります。

ドアノブを下に向かって押し下げると開くタイプの扉は、犬が手をかけただけで開いてしまいますのでご注意ください。

3.寝起きに伸びをする

ベッドから起き上がる飼い主を真似して犬も伸びをすることがあります。

もともと犬も伸びをしますが、寝起きに全く同じタイミングで伸びをすると「真似したな…」と感じますよね。

犬も寝ている間に固まってしまった筋肉を伸ばす目的でストレッチをすることがあるんです。寝起きには必ず行っているはずです。

4.窓の外を確認する

飼い主が室内から窓の外を確認した後、犬も真似をして同じ窓から外を確認することがあります。

お散歩の前に雨が降っていないか確認する時、物音が気になって確認する時、飼い主の後をついて来て一緒に確認する犬もいますよね。

高い位置にある小さな窓では犬が外を確認できないことがありますが、それでも壁に手をつくなどして同じ行動をしたがることがあります。

5.トイレに行く

飼い主がトイレから戻ってくると犬も排泄を済ませていることがあります。

朝は寝起きだしタイミングが同じだっただけのような気もしますが、夕方や夜だと真似をしたように感じられますよね。

「ちょっとトイレに行ってくるね」と声をかける場合、トイレトレーニングをしている犬には排泄の合図のようにも感じられるのかもしれません。

子犬の頃は「うんちできるかな~」など声をかけていましたよね。

犬が飼い主の真似をする理由

フレブルのストレッチ

犬が飼い主の真似をするのは本能であり習性です。

野生で暮らしていた頃、群れの仲間の行動を真似することで身を守っていました。自分だけが違う行動をしてしまうと危険にさらされる恐れがあるためです。

自分勝手な行動をする仲間がケガや病気をしたり、命を落とした様子を幾度と目の当たりにしてきたのでしょう。

現代の犬にもその名残によって、飼い主の真似をする仕草や行動が見られるのです。

まとめ

食事の席に着くゴールデン

犬がやりがちな飼い主を真似た行動について5つ解説しました。

  • 同じ方向を見る
  • 引き出しや扉を開けようとする
  • 寝起きに伸びをする
  • 窓の外を確認する
  • トイレに行く

飼い主を真似するのが本能であり習性でもある犬は、飼い主の行動を見て学ぶ動物です。

真似をして「嬉しい出来事があった」と理解すると何度でも繰り返し真似をします。

真似をして叱られたり痛い思いをした時は、おそらく二度と真似することはないでしょう。

犬が飼い主のあれこれを話すことはありませんが、思わぬところで飼い主のライフスタイルが他人に知られてしまうかもしれないので、犬の前での行動にはくれぐれも気をつけたいですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。