命の危険の中健気に愛情を求める子犬。レスキュー後沢山の愛情を

命の危険の中健気に愛情を求める子犬。レスキュー後沢山の愛情を

食べ物も愛情も与えられない状況でベランダに放置された2匹の子犬。あと少しで命が尽きるかもしれないほどひどい栄養失調から救われ、幸せな生活を手に入れた子犬のお話をご紹介します。

お気に入り登録

ネグレクトされても無邪気に人間のぬくもりを求める子犬

通報

ひどい環境で飼われている子犬がいるとの通報を受け、RSPCA ニューサウスウェールズ (オーストラリア) のインスペクターが出動しました。

現場についたインスペクターは、その光景に絶句します。その住宅はいわゆるゴミ屋敷で、ヘビの死骸まで放置されていました。

2匹の子犬「ボブ」と「サーシャ」が放置されていたベランダは子犬のおしっこで覆われ、食べ物はなく淀んだ水だけが置かれていました。

何日も食事を与えられておらず、ガリガリに痩せて体調も良くありませんでした。それにもかかわらず、子犬たちはインスペクターの姿を見るとちぎれんばかりにしっぽをふりながら近寄ってきました。

飢餓状態の子犬は愛情にも飢えていたのです。抱っこされようと一生懸命よじ登る健気な姿に胸が締め付けられるようです。

子犬はその場で ”押収” されることが決まりました。

RSPCAの施設へ

RSPCAの施設に移されたボブとサーシャ。あと少しで命の危険すらあったひどい栄養失調でした。成長過程で必要な栄養が不足したことには多少の問題がありますが、栄養価の高い食事と継続的なケアで後遺症も残らず回復できる見込みです。

適切な体重になり、去勢したところでいよいよ里親探しが始まりました。そして始まった途端に里親さんが見つかりました!こんなに可愛くて人懐っこい2匹ですから、すぐに永遠のお家が見つかったのも納得です。

ボブとサーシャの永遠のおうち

ボブは毎日人間とのスキンシップを楽しんでいます。たくさん撫でてもらえるようになってよかったですね。

一方のサーシャは、ドッグパークに行くのが大好き。息子さんの大のお気に入りとなり毎日一緒に遊んでいます。

まとめ

「彼らが置かれていた劣悪な環境を考えると、レスキューされたことで愛情と素晴らしい未来を与えられる結果となりとても嬉しい」とRSPCAのインスペクターは語っています。

もうお腹が空くこともなく安心して暮らせるようになり本当に良かったです。

レスキュー当時の様子と元気いっぱい愛情いっぱいに過ごす2匹の姿はこちらから♪

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。