皮膚炎で全身の毛が抜け落ちた犬。全身ノミだらけから美しい姿に大変身!

皮膚炎で全身の毛が抜け落ちた犬。全身ノミだらけから美しい姿に大変身!

オーストラリアにあるRSPCAクイーンズランドに、被毛の大部分が抜け落ちた犬がいるとの通報がありました。飼い主に対する指導で改善したかに思われましたが...。保護から現在の様子までをご紹介します。

お気に入り登録

ノミの駆除をしないまま放置されて皮膚炎に

被毛がほとんど抜け落ちるほどの症状

2019年、RSPCAに「毛がほとんど抜けた酷い状態の犬がいる」との通報がありました。

インスペクターのジャレッドさんが調査に乗り出します。

その犬が飼われている家を訪問すると、オーストラリアン・ケルピーミックスの「ボニー」がいました。

通報通りボニーの被毛はほとんど抜け落ち、体中をノミが這いまわっていました。

飼い主に指導するも...

飼い主には ”ノミは駆除するものだ” という認識も駆除の知識もありませんでした。そしてジャレッドさんの指導のもと、飼い主はボニーを獣医に連れて行きノミの駆除も行いました。

それから数ヶ月後、ボニーの体は再び被毛に覆われ回復したかに思われましたが...

残念なことに、約1年後には同じ内容 (被毛が抜けて酷い状態) の通報が入ったのです。

さらに酷い状態で保護

ボニーの状態は前回の通報時より悪く、犬種さえわからないほど変わり果てていました。皮膚は剥がれて、炎症を起こしていました。

そして再び全身に無数のノミがいました。

飼い主はRSPCAにボニーを引き渡すことを承諾し、治療が開始されることになったのです。

里親さんのもとへ

ボニーは一時預かりのジェニーさんのお家で、他のワンチャンと一緒に過ごすことになりました。

徐々に被毛が生えてきましたね!

そして数ヶ月後、ジェニーさんはボニーを引き取ることに決め新しい飼い主さんになりました。

ジャレッドさんがボニーの新しいお家を訪ねると、そこには違う犬かと思うほどに回復したボニーの姿がありました。

体重もかなり増え、艶々の被毛で覆われてとても元気そうです♪

ジェレッドさんは「ノミ駆除薬と定期的なシャンプーで、ボニーのこの良い状態が保てますね」と語っています。

まとめ

とても痒くて不快な状態から解放されたボニー。これからは新しい飼い主さんと一緒に、元気で幸せに暮らしていけることでしょう。

保護時のボニーから現在の様子までをこちらからご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Queensland

RSPCA Queensland

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcaqld.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://www.worldforpets.com.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。