怪我をして立ち上がる事が出来ない子犬。親犬と共に回復に向かいます

怪我をして立ち上がる事が出来ない子犬。親犬と共に回復に向かいます

子犬は怪我をして立ち上がる事が出来ず、痛みで叫んでいました。救助にかけつけた隊員はすぐに子犬を施設に保護します。その様子を父犬と母親は離れた場所から見ていました。

お気に入り登録

立ち上がる事が出来ない子犬を救助、しかし、別の病気が…

子犬は痛みで叫んでいました

子犬は道の端でうずくまり立ち上がる事が出来ませんでした。

子犬を保護します

救助隊員は子犬をすぐに保護しますが、その様子を父犬と母犬は離れた場所から見ていました。

すぐに子犬の状態を確認します

子犬は腰をひどく損傷しており自分の体を支える事が出来ない状態でした。彼自身もどうしてそれほどに痛いのか理解できていない状態でした。

痛みは軽減しているはずなのに元気のない子犬

他の子犬達は彼を一緒に遊ぼうと誘いますが、彼は遊ぼうとしませんでした。怪我が良くなっているはずなのに子犬はホームシックになっていたのです。通常であれば子犬は一日程度で施設に慣れ他の子犬達の仲良くじゃれたりするものなのですが…。

1週間後

子犬の気分か少しばかり明るくなりました。しかし、まだ立ち上がる事が出来ませんでした。

子犬は歩く練習を始めました

子犬は見るからに変わりました。でも、スタッフにはわかっていました子犬は歩けるようになり一日でも早く家族の元に戻るために努力している事を。そのため獣医は決断しました。まだ足を少しひきづっている状態でしたが、家族の側にいる事が子犬の早期の回復に繋がるであろうと。そして、子犬を隣人達に託す事にしました。

一か月後に子犬を訪問しましたが、とても元気に回復しており、それはまるで別の犬のようでした。父犬と母犬も子犬を注意深く監視していました。病気を直すのは医療だけではないのだと思い知りました。子犬の元気になった姿は是非とも動画にてご確認ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。