ひどいネグレクトを乗り越えて幸せなセカンドライフをゲット!

ひどいネグレクトを乗り越えて幸せなセカンドライフをゲット!

ひどく痩せた3匹の犬が、ひどいネグレクト状態から保護されました。懸命なリハビリを経て幸せなセカンドライフを得ることができたワンちゃんのお話です。

お気に入り登録

荒れ果てた裏庭に放置された3匹の犬

発見

オーストラリアにあるRSPCA クイーンズランドのインスペクターは、ある住宅の荒れ放題の裏庭で痩せ細った3匹の犬を発見。

その状態は目を覆いたくなるものでした。

荒れた裏庭には犬用の鎖と空っぽの餌入れが放置されています...。

押収

3匹の犬、「トリニティ」「ミア」「ロッキー」は、緊急に獣医の診察と治療が必要と判断されRSPCAによって押収されました。

人間と交流することもなく、長い間飢えに晒されていた犬たちは、ただ怯えているだけではなく重度な行動上の問題がありました。一般的に飼い犬が経験するような、おもちゃで遊んだり、人間と交流したりということを一切させてもらっていないのですから無理もありません。

さらに、ひどく痩せておりノミや寄生虫がいる犬たちの健康状態は最悪でした。犬たちのリハビリが始まります。

飼い主が引き渡しを拒否

強制的に治療を開始できたのはよかったのですが、なんと飼い主は犬たちをRSPCAへ引き渡すことをしばらく拒否していたのです。

その間、犬たちは一時預かりや里親を探すことができずに1年以上RSPCAで過ごすことになりました。

回復したトリニティは永遠のお家へ

根気強い治療とリハビリにもかかわらず、ミアとロッキーは、残念ながら状況を乗り越えることはできませんでした。

唯一トリイティだけが里親募集ができるまでに回復したのです。

保護当時はこんなに悲惨な状態のトリニティでしたが...

こんなに元気になりました。

永遠のお家も決まり...

今は元気に裏庭で走り回り、おもちゃで遊び、優しい里親さんの愛情をいっぱい受けながら幸せに暮らしています。

まとめ

3匹の保護に立ち会ったインスペクターのヨリックさんは、「動物虐待の捜査は何が起こるかわかりませんが、市民のサポートがあれば自分で身を守ることができない動物に寄り添うことができます」と語っています。

動物虐待のケースは後を絶ちませんが、言葉で伝えられない、自分で身を守れない動物の代弁者となれるのも人間です。虐待かなと思うことがあれば、どこかに相談するなどしてサポートできるかもしれません。

保護当時と現在のトリニティの姿はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Queensland

RSPCA Queensland

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcaqld.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://www.worldforpets.com.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。