高齢の大型犬はとってもハンサムでチャーミング!新しい生活を楽しんでいます

高齢の大型犬はとってもハンサムでチャーミング!新しい生活を楽しんでいます

高齢の大型犬はとても人慣れしていて、すぐに保護完了。体の節々が弱ってきていますが、感情表現は豊か。寿命を全うするまでの年月を路上ではなく、愛情に包まれて送って欲しいものです。

お気に入り登録

よっこらしょ

通報・発見

公園に捨てられた老犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が現場を訪れ、大型犬を発見しました。

1週間以上、ここに一人ぼっちでいる間、「グリズリー」はどんな気持ちを抱えていたのでしょう。「年取ったからいらない」姥(うば)捨てだったとしたら、あまりにも悲しいです。

保護

保護団体メンバーのアニメ声のお姉さんが声をかけながら接近すると、グリズリーは「よっこらしょ」と体を起こして近づいてきました。人慣れしているようです。

首や肩などに痛みやしびれが出ることもある頚椎(けいつい)症や関節炎の症状が見られます。年齢に加えて、遺伝的な問題かもしれません。

老犬特有の穏やかな表情で、尻尾も振ってくれます。すぐに布リードをつけました。

アニメ声じゃない方のメンバーが、「あなた、ハンサムねえ~」と持ち上げますよ。笑

うん、ハンサムだ!

スキャナでマイクロチップがないことを確認した後、車へ。車にも乗り慣れていたんだろうなあ、と思われます…。もう若い頃のように、ピョン!とジャンプして乗り込めないグリズリーの腰を、後ろから支えて押し込みます。犬は高齢になると後足から弱くなりがちですね。

立ち上がる時、下り坂を降りるとき、頭から前のめりに倒れないように、支えが必要になったりします。それも含めて愛おしいんですね、高齢犬。

ケア

病院で体を洗う間も、グリズリーは落ち着いています…と思ったら、やっぱりイヤみたい。フン、フン、フーンと悲しげに鼻を鳴らしました。ごめん、それもかわいい…。

耳の感染症治療も施しました。

それから

グリズリーは、一時預かり施設で元気です。まだまだ現役、感情表現も豊か。

動画制作の時点で里親さんを募集中でした。今頃はやさしい里親さん宅で、ゆったりと暮らしているといいですね。動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。