『犬を飼ってはいけない人』に共通する5つのこと

『犬を飼ってはいけない人』に共通する5つのこと

犬を飼うということは、1つの大切な命の責任を持つということです。頭ではわかっていても、いざ飼うと思った以上に大変なことを知り、未だに飼育放棄する人が後を絶ちません。今回は、犬を飼ってはいけない人に共通する特徴を5つ紹介します。

お気に入り登録

犬を飼ってはいけない人に共通する5つのこと

悲しそうに伏せる犬

これから犬を迎えようと検討している人は、まず自身が本当に愛犬の最期の時まで責任を持ってお世話をし、愛情を注ぐことができるかどうかを今一度考えてみてください。以下に犬を飼ってはいけない人に共通する特徴を挙げていくので、当てはまった方は犬を飼うことをもう一度考えてみましょう。

1.仕事や友達付き合いが忙しく時間がない

退屈そうに床に横になる犬

犬が好きで家族として迎えたいと考えている人は多くいます。しかし、今現在の自分の生活スタイルを思い返してみてください。本当に毎日欠かさず犬のお世話をして、愛情を注ぐ時間はありますか。

現代では独り暮らしでも犬を飼っている人は多くいます。しかし、その多くの飼い主さんは、仕事が忙しくても必ず毎日犬のお世話をする時間を余裕を持って設けていたり、毎日スキンシップやコミュニケーションをとる時間を設けています。

毎日の日課には、ごはんやトイレシーツの取り替え、しつけ、散歩、歯磨きなど、多くの日課があります。それに加えて、シャンプーや耳掃除、病院の定期検診、トリミングなど、あらゆるお世話が多くあることを忘れてはいけません。

犬は飼い主のことが大好きな子が多いので、毎日きちんと向き合ってコミュニケーションをとる時間も設ける必要があります。こうした犬との時間を余裕を持って設ける時間のない人は、時間に余裕ができるまで我慢するべきでしょう。

2.金銭的に切迫している

犬を飼うということは、毎月ごはん代やトイレシーツ代、保険料、病院代、おもちゃ代など、想像以上に出費が重なります。そのため、現在金銭的に余裕がないと感じている人は、絶対に迎えてはいけません。

犬を飼ってから「お金がないから予防接種を受けさせられない」「体調が悪そうだけれど病院へ連れていけない」「アレルギーに対応した餌が高価で買えない」となっては遅いのです。

1つの命を預かるということは、子どもを1人迎えることと同じです。それなりに多くの費用がかかりますし、怪我や病気をすれば、1ヶ月に何万単位で出費が重なることも珍しくありません。

したがって、お金に余裕がない人は迎えてはいけません。しっかりライフプランニングや家計の見直しをして、犬を飼う余裕ができてから迎えましょう。

3.忍耐力がない

お皿を割ってしまった犬

犬は他のペットとは違い、しっかりしつけが必要です。無駄吠えや噛み癖、トイレトレーニング、基本動作など、様々なしつけが必要になります。

しかし、人間とは違い言葉が通じない相手なので、ボディーランゲージや決まった指示語を駆使しながら、忍耐強くしつけを継続していく必要があります。

犬によっては何ヶ月、何年単位でかかることもあるので、忍耐力がないと自覚している人は、犬を飼うのに向いていないのかもしれません。

4.家族に犬アレルギーを持っている人がいる

調べたことがないという人も多いと思いますが、犬を飼う前にまずは家族全員がアレルギー検査を行うことを推奨します。「わざわざしなくても」と思う方もいるかもしれませんが、犬を迎えてから家族に犬アレルギーを持つ人がいると発覚したら大変です。

体調が悪いからといって、家族を捨てるような人はいませんよね。家族として迎えたからには、最期まできちんと責任を持ってお世話をする必要があります。

犬アレルギーを持っている人が1人でもいると、家族も犬自身も苦しい生活を続けることになるので、犬アレルギーを持っている人がいるご家庭では、軽度であっても犬を迎えることは控えるべきです。

5.自分の健康面や体力面に自信がない人

ソファーに座る女性と犬

現在、仕事や育児、家事など、様々な要因が重なって疲れが溜まっていたり、体調や健康面に不安を抱えている人は、犬を迎えることを避けてください。特に独り暮らしの方の場合は、いざという時に頼る家族が同居していないので避けるべきです。

犬を飼うことは、想像以上に体力が必要となります。毎日1日2回散歩に行かなければいけませんし、元気な犬と遊ぶのは意外と体力が必要になります。

飼い主が病気で入院してしまったり、寝込んでしまったり、体力に自信がなく日によって散歩ができない日が多くなると予想できる場合は、犬も飼い主も辛くなってしまうため、犬を迎えることは推奨できません。

まとめ

ドアの窓から外を眺める犬

いかがでしたでしょうか。皆さんは1つでも当てはまる特徴がありませんでしたか。犬を迎えるということは、家族を1人迎えるということです。非常に責任の重い一大イベントなので、簡単に決断せず、じっくり家族で話し合って決めましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は一番時間割くし手間がかかります。時間に余裕無ければ飼わない方がまだ良い
    金に余裕が無ければいずれ手放す。犬は人と違い金銭面がバカデカい。俺も想像以上に金がかかった。今家族で割り勘してるけどそれでも俺の元には自由に使える金が一銭もないこともしばしば。金ない人は買わないでください。
    忍耐力、正直に言います。俺もはない。でも犬を飼ってる。10年以上。家族でやってきた面もあるが殆ど関わったのは俺だ。忍耐力より責任感があるかないかの違いだと思う。下っぱ働きの俺が言えたことじゃないけど命預かるにはそれなりの責任がある。その個体の一生を握ることになる。責任を感じない人ほど捨てる確率が高い。安易に飼える代物なんて意思のない道具ぐらい。
    アレルギーか。俺なんもないからアレルギーの辛さわかんない。前もって知ってんなら良いけど飼ってからなる人もいるしな。それで手放すのもどうかと思うけど。もし捨てるなら代わりを探す事。それも所有者の役目。
    俺自身他人より体力ないし健康なんて言えない身体です。こんな奴が飼えんのかって話だけど。でもさっき言ったように俺は犬を10年以上飼っている。体力も忍耐力もないし不健康、飼うには不適合な不適合者。でも犬を飼ってるんです、不適合者が10年以上、なぜ不適合者がと思うでしょう。適合不適合なんかどうでも良い、責任が持てるか持てないかの違いだけ。持てれば適合持てなきゃ不適合です。不安定な身体でも責任感があれば大丈夫。俺自身が証明してる。
    筆者に反発してる訳じゃありません。ドックトレーナーの筆者の言ってる事は最もだし間違っては居ません。この記事が理由で捨てる人も勿論居ます。でも結局のところ行き着く末が責任感に無さになると思います。安易に飼ったが故に行き着く末路。犬のせいじゃないのに。人の都合で捨てられ死んでく。犬を殺すのは全て人!生かすのも全て人!人の手ひとつで簡単に変えられる。不幸な犬を産み出さすのは責任感のない愚かな人間共だ!そんな人間出来損ないの不適合者に犬の一生を左右されたくない!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。