鼻が半分無い犬が自身の「本当の顔」を取り戻すまで【閲覧注意】(まとめ)

鼻が半分無い犬が自身の「本当の顔」を取り戻すまで【閲覧注意】(まとめ)

「醜い姿だから」・・・そんな無責任な理由で捨てられてしまったある1匹の犬が、優しい人たちの援助を受け、本来の姿を取り戻しました。(※ややショッキングな画像があります。心臓が悪い方は閲覧注意。)(まとめ)

お気に入り登録

ある日、動物保護施設に1匹の犬が保護されました。彼の名は「Bjarni」。

驚くことにその犬は、"鼻が半分無い"状態でした。

彼には元の飼い主が居ましたが、その飼い主は引き取りを拒否。醜い姿だからという身勝手な理由で飼育拒否されてしまったのです。

当然、鼻が半分しか無い事で、食べる事や呼吸する事にも支障があり、不自由な生活をおくっていました。

しかし、当のBjarniは、元気いっぱいの明るい性格で、遊ぶのが大好きな普通のわんちゃん。

何とかしてあげたいと思った、保護スタッフは、SNS上で募金を募りました。

鼻を取り戻す手術へ

SNS上に拡散された、募金への呼びかけは、瞬く間に広がり、手術するための十分な費用を得ることが出来ました。

早速、鼻を再構成するための手術が行われる事が決定。ようやく彼本来の姿を取り戻すチャンスを得たのです。

(※続きは次のページへ!)

手術は無事終了!

後は順調に回復を祈るだけです。

縫いつけた跡が少し痛々しいですが、本来の顔の形の面影が分かるようになりました。

そして現在・・・

ビフォー・アフター

少し痕が残っていますが、この様子だと徐々に馴染んで行きそうですね!

こんなに愛らしい顔だったとは!本当に良い表情になりました♪


Bjarnijは現在も施設で元気に過ごしているようです♪早く新しい飼い主さんが見つかるといいですね!

▼現在のBjarniの様子はこちらから
https://www.facebook.com/st.francisangels?fref=nf

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。