車にぶつかって足を骨折した犬。預かり後治療しすっかり元気に!

車にぶつかって足を骨折した犬。預かり後治療しすっかり元気に!

多頭飼育の場所から保護団体がレスキューし始めた矢先、1匹の犬が敷地から外へ出てしまいました。遠くへは行かなかったのですが飛び出したとたんに車にぶつかってしまい、片足を骨折してしまいました。その犬を治療のため預かり、新しい飼い主を探すために一緒に生活しているお話です。

お気に入り登録

保護されるまでの犬の状況

迷い犬を可哀想という気持ちで保護して新しい飼い主を探している個人の方がいたのですが、1匹から始めたのに繁殖制限手術を施さなかったため、その数が手に負えないようになってきました。それでも日々のお世話はしていたのですが、数が多いので満足には見ることができなったのです。

そんな現状を目の当たりにしてボランティア団体が引き取りを決意し、収容を始めました。ある犬は、以前は敷地内にリードで繋がれていましたがいつの間にか外れて自由に外へ出ることができていたようです。

庭で立っている犬

それでも遠くへ行くようなことはなく、時々敷地の周りだけを歩いていたようでした。レスキューされるまでは御飯は与えてありましたが、単に置かれているだけで食べた後直ぐに片付けていない時もあったこともあり、とても清潔な環境ではなかったのです。

とても怖がりな性格ですが、それでも人に対して攻撃性は全くなく怯えながらも少し尻尾を振って近づくこともありました。

その犬を引き取るまで

ボランティア団体のレスキューが始まったのですが、その犬はいつの間にか敷地の外へ出て行ってしまいました。怖がってではなく、いつもの通りの行動だったのでしょうが、出ていった瞬間に車にぶつかってしまったのです。

幸い見たところ大きなけがはないようでしたが、どう見ても片足が折れているようでした。それだとしたら相当痛いだろうに、鳴きもせず自分に何が起こったのか分からないように、キョトンとしていたそうです。

あくびをしている犬

すぐに動物病院に行き検査の結果、やはり骨折していました。すぐに手術で入院。長期間病院には預けられないので、我が家で療養させながら新しい飼い主を探すことにしたのです。誕生日が分からないので推定ですが、1歳くらいの様でした。

現在のその犬との生活

我が家で預かりだして3年近くなりますが、今では足の骨折は身体には何も支障はありません。抜糸が済んで暫くは歩くのも引きずったり、座るのがきつそうにはしていました。ただ食欲は今と同じで旺盛でした。そのおかげか、すっかり元気になりました。

ソファの上で2匹で寝ている犬達

当初は外には出せないので、ベランダで時々日光浴をさせたり術後のケアに気を配っていました。ですが3ヵ月もすると、殆ど骨折の後遺症は残っていないくらい走り回ることができるようになりました。そして、以前からいる先住犬達や猫たちとも上手に付き合っています。

ケガをした犬を預かって

それまで病気や怪我を負った犬を預かった事はなかったので、多少心配でしたが、少しずつ怪我が良くなっていったので安心しました。なかなか病気や怪我を負った犬を治療したり療養させるのは大変な事も多いですが、少しずつ元気になって行く様子を目の当たりにすることができるのでとても嬉しく思います。

正面を向いている犬

いろいろな所で保護犬や猫が収容されていますが、怪我や病気を患っている犬や猫たちが1匹でも、家庭に引き取られることを切に願います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。