寝たきり状態の老犬をお迎え。老犬介護の経験を通して感じたこと

寝たきり状態の老犬をお迎え。老犬介護の経験を通して感じたこと

保護センターに迷子犬として収容されていた老犬がいました。暫くは調子が良かったのですが、日が経つごとに食欲が低下していき体重も減少していきました。そのうち寝たきりになってしまい、保護センターでは十分な介護ができないので看取りで我が家で預かった時のお話です。

お気に入り登録

老犬の状況

住宅街を徘徊していたとして、保護センターに老犬が保護されました。推定年齢13歳前後で、雄犬でした。体はやせ細っていて、少しあばら骨が浮かび上がっている状態でした。ただ、歩行は問題なく食欲はあまりありませんでしたが、それなりに食べていたそうです。

ケージの中で青い毛布を掛けて寝ている犬

家族のお迎えがないまま、その後も保護センターで過ごすことになったそうです。ですが、その後だんだんと食欲が減っていき殆ど受け付けなくなっていきました。

動物病院での診察結果は、体の中で血液が作れなくなっていっているそうで、手の施しようはありませんでした。

そこで保護センターではそれでも何とか口に入れて食べてくれるように、いろいろな物を食べさせようとしていたのです。

老犬を引き取った時

ケージの中で目を開けている犬

毎日保護センターでできる限りのお世話をしていましたが、夜は誰もいなくなるので、その間何かあってもどうすることもできません。朝目を開けているとホッとすると、職員の方は言われていました。

それでも日を追うごとに何も食べなくなっていき、ますます身体はやせ細っていったので、それならばと看取りの意味で我が家で引き取りました。

老犬との生活

すでに寝たきりの状態だったので、部屋の中にケージを設置してペットシートを敷き詰めました。頭の下には、枕になるようにタオルを丸めて置きました。初めての場所なので多少嫌がるかなと思いましたが抵抗する力もないのか、それとも安心したのか横にしたとたん寝入ってしまいました。

自分で水を飲むことも難しいので、シリンジで口に入れて飲ませたりしました。ご飯はドライフードをふやかしてドロドロにしたり、柔らかいレトルトを口に持っていきましたが、殆ど飲み込みませんでした。

ケージの中で寝ている犬

そんな中、唯一白米は少し食べたのです。少し柔らかくして食べさせると飲み込んでくれました。もしかしたら、保護される前飼われていた家庭では白米を食べさせていたのかもしれません。

もちろん、それだけでは栄養が足りませんがそれでも何かを口にしてくれるだけで嬉しかったです。しかし、そんな日々も数日しか続かずに寝たまま亡くなってしまいました。

老犬介護の経験を通して

普通はいきなり介護が必要な犬を引き取る事はあまりないと思います。しかし、すでに家庭で飼育されている犬もまだ若いと思っていても数年経つとシニアになりそれから介護が必要な老犬になっていきます。

その時になって介護に対して慌てないでいいように、まだ元気なときから、その時が来た場合のために犬にとって気持ちのいい介護の仕方などの方法を少しずつ気に留めていった方がいいのかもしれません。

近年は犬や猫の寿命も長くなって介護の必要性が高くなっていっています。介護はいろいろな点で大変な事はありますが、最近は少しでも楽になるような介護用品もたくさんあります。今から頭の中に入れておいてもいいのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。