おどおどしている小型犬...心の壁が取れたら、天真爛漫な子でした!

おどおどしている小型犬...心の壁が取れたら、天真爛漫な子でした!

フェンスの内側からのぞき、少し外側に出てきては、また内側に戻る犬。タイミングを見て人が内側に入っていくと、心の距離がぐっと近づきました。保護した後は、本来の天真爛漫な性格が表れます。

お気に入り登録

心の壁の内と外を行ったり来たり

通報・発見

住宅地の庭先に居ついた犬の保護依頼に、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS がかけつけました。2人の住人が3週間にわたって、食べ物を与えていたそうです。

いましたねえ。柵越しですが、食べ物の気配に尻尾を振って近寄って、隙間から鼻づらを突き出します。

接近・保護

ここまでは早い展開です。人慣れしていて、すぐに手から直接食べ物を受け取りました。首輪をしていず、体毛はボサボサのベタベタ。なんだかタヌキのような子ですね。

この住宅の周囲を囲む長いフェンスの向こう側から、外に出てくれるかな?

柵の隙間から、食べ物を拾いに外に出た!と思ったら、また引っ込んでしまいました。隙間はあるけれど、まだ壁がある、この犬の心情を象徴しているようですね。

そんな時は、こちらから壁の内側に入って行くのが有効な時も。でも注意、怖がる犬の安全圏に土足でずかずか侵入するのは逆効果の場合もあります。様子を見ながら、やさしく、慎重に、無理じいしないで。不安を抱える人への接し方と、同じじゃないですか?

この子の場合は、一気に距離が縮まりました。手から直接食べ物をあげた後、指を内側に丸めて臭いをかがせます。急いで頭をなでに行くと、犬にとっては「たたかれるかも」と不安を誘うかもしれませんね。力を抜いて、犬の方から近づくようにするのが正解でしょう。

頭をなでるのは、その後です。犬はすっかり嬉しくなって尻尾をブンブン振り、さらに近づきます。布リードを簡単につけることができ、「ゴッサマ」と名前をつけました。

3週間世話をしてくれた2人にお別れのあいさつを。ありがとう!

あいさつが済んで、さあ、レッツゴー!イェイ!

ケア

ゴッサマはとってもノリノリ。でも、毛刈り中はちょっと、シュンとしているかな?

そしてシャワーです。

「お姉さん、次はどうする?遊ぶ?」

犬が期待に満ちて人をまっすぐに見つめてくれる時、人の脳ミソから愛情ホルモンがドバッと出ていそう!

それから

遊び好きで愛情表現がストレート、そして人を信頼してくれるゴッサマは、素晴らしい家庭犬になるでしょう。

動画制作の時点ではこれから里親さん探しが始まるところですが、ゴッサマが「素晴らしい里親さんに巡り合う」可能性、1000パーセント!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。