恐怖の館!60頭以上の犬達を救出するため、折れそうな心を奮い立たせる

恐怖の館!60頭以上の犬達を救出するため、折れそうな心を奮い立たせる

テネシー州で見つかった犬の多頭飼育崩壊現場。レスキューの手が届く前に消えた命、地獄のような環境に閉じ込められた多くの犬たちを前に、動物愛護団体職員たちも冷静ではいられませんでした。

お気に入り登録

迷路のように仕切られた糞尿まみれのごみ屋敷

レスキューは身体的・心理的負担との闘い

米国テネシー州で、多頭飼育が崩壊しネグレクトの状態におちいった60頭以上の犬と、その他の動物が発見されました。警察が介入する事案で、令状により家宅捜索が行われ、動物愛護団体The Humane Society of the United States (HSUS) が状況の記録や動物たちの保護のために協力しました。

荒れ果てた部屋の隅の冷蔵庫を開けると、そこには犬の遺体が詰め込まれていました。想像を絶する現場の場数を踏んでいるHSUS職員でさえ、思わず泣き崩れます。

家の中にも外にも、最悪な衛生状態でケージの中に放置された犬たちがあふれていました。即席の医療検査では、尿による皮膚の炎症(尿やけ)、栄養失調、脱水、貧血といった症状が確認されました。また足や体毛には乾燥した便がこびりついていたのです。

HSUS職員:「ここはまさに恐怖の館ですよ。」

家の中は板で細かく仕切られ、まるで迷路のよう。ひとつドアを開けるとその先に必ず、ボロボロの犬が現れるのです。

バスルームの床は一面に糞尿まみれ。床に置いたケージの中の猫もやはり、糞尿まみれです。

HSUS職員:「呼吸をするのもの困難です。」

ここに強力な防塵マスクなしで入ったのは大きな間違いでしたね。家じゅうまるごと、感染源のようなものです。ちなみに(念のため、)コロナ禍のずっと前です。

HSUS職員:「この子たちをここから解放してあげられることはとてもうれしいです。でも(この状況を直視し対応することは)私たちとって精神的にこたえます。」

そう言ってこの方、半泣きです。心を強く持たなければできない仕事です。

カメラを見つめるこの子は、口元をずっとプクプクさせています。おそらく肺炎じゃないでしょうか。

この子はケージから出され腕に抱かれて、ずっとシッポを振っています。

今後の犬のケアのためと、証拠とするため、確実に全ての動物たちの記録を残します。

保安官:「今回、摘発できてよかったですが、もっと早くにできればよかったとも思います。」

一軒家の家の中でひそかに行われていることは、なかなか発覚しにくいものです。それに、発覚しても、法律が甘くて手を出せない、裁けないというケースもありそうです。

現場で簡易検診。やせ細ったこの子の命をつなぎとめることができそうです。

その後

最初に泣き崩れていた職員は言います。「この現場のことは長く私たちの記憶に残るでしょう。」

それでも、人知れず苦しんでいる動物たちがいる限り、HSUSのような動物愛護団体は強靭な精神力を保って前進します。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。