犬を飼ってはいけない理由5選 不幸な犬を増やさないために知っておくべき大切なこと

犬を飼ってはいけない理由5選 不幸な犬を増やさないために知っておくべき大切なこと

犬を飼うのは楽しいことばかりではなく、飼ってから後悔する人もいます。その結果、犬を手放してしまう人も…。犬を飼いたい人は、飼うべき理由ばかりを探してしまいがちですが、犬を不幸にすることがないように、飼ってはいけない理由にも目を向けてみましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

不幸な犬を増やさないために…

悲しそうな表情で見つめる犬

約32,500と約5,600。これは、令和元(2019)年度に全国の自治体に引き取られた犬の数と殺処分された犬の数です。約32,500頭の犬が保健所や動物愛護センターに引き取られ、約5,600頭の犬が殺処分となっているのです。そして引き取られた犬の約10%が、飼い主によって持ち込まれています。

「癒されるから」「楽しいから」「かわいいから」といった理由で犬を飼いたいと思う人は多いでしょう。確かに、犬はかわいいです。犬との暮らしは癒されるし、楽しいです。でもこうしたプラスの面にばかり目を向けてしまうと、飼い始めてから「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれません。

不幸な犬を増やさないためにも、これから犬を飼いたいと思っている人は、犬を飼うことのマイナスの面も知っておくべきです。そこで今回は、犬を飼ってはいけない理由をご紹介したいと思います。

犬を飼ってはいけない理由

散歩中のラブラドール・レトリーバー

1.費用がかかる

犬を飼うと、さまざまな費用が必要です。ペットショップやブリーダーから犬を入手するのであれば、まずその購入費がかかります。

それ以外にも初期費用として

  • 登録手数料
  • 狂犬病予防注射
  • 混合ワクチン
  • 健康診断
  • ハウス、トイレ、食器、首輪、おもちゃなどのグッズの購入

毎月かかる費用として

  • 食費
  • おやつ
  • ペットシーツなどの消耗品
  • シャンプーやトリミング(ペットサロンを利用する場合)

毎年かかる費用として

  • 狂犬病予防注射
  • 混合ワクチン
  • フィラリア予防薬
  • ノミ、ダニ予防薬
  • 健康診断

その他の費用として

  • ペット保険
  • しつけ教室
  • 病気やケガの治療費
  • 避妊、去勢手術
  • 家具などの修繕費や買い替え

など、想像以上に費用がかかります。

寿命が15年だとして、小型犬でも生涯で約500万円以上の費用がかかるとも言われています。年間で計算すると約34万円です。犬にこれだけの費用をかけられますか?

2.しつけが大変

犬は賢いです。でも飼ったその日からトイレに排泄できたり、飼い主の指示に従えたりするわけではありませんし、むやみに吠えたり、人を噛んだりしてはいけないことを言葉で伝えて理解してくれるわけでもありません。飼い主がきちんとしつけをしてこそ、犬は人間社会の中で周りに迷惑をかけることなく暮らしていくことができます。

犬のしつけは大変です。いくら賢いとはいえ、教えたことを1回では覚えてくれません。同じことを何度も繰り返し教えなくてはならず、それはかなり根気のいる作業となります。教えたことをなかなか覚えてくれないからといって、叩いたりしてはいけません。しつけを投げ出してもいけません。犬のしつけは、飼い主の義務なのです。

3.自由が制限される

犬を飼うと、飼い主の自由が制限されます。まず出かけているときは、犬の散歩や食事の時間を気にしながら過ごすことになるでしょう。友達と盛り上がっていても「犬が待っているから…」と帰らなくてはいけないかもしれません。

これまで広い選択肢の中から選べた旅行は、犬同伴で泊まれる宿泊施設の中から選ぶことになります。観光も犬が一緒だと行けない場所は多く、行きたいところへ行けない可能性があります。

ペットホテルに犬を預けるという手もありますが、それには費用がかかります。また飼い主がいないことや、慣れない環境にストレスを感じてしまう犬は少なくありません。

物件を探すときも犬を飼っていたら、ペット可という条件が外せなくなります。どんなに気に入った物件があっても、それがペット不可だったら諦めざるを得ません。

4.世話に体力や時間を奪われる

犬を飼ったら、食事や水を適切に与えることはもちろん、散歩や排泄物の後始末、歯磨きやブラッシングなどのお手入れといった世話を毎日しなくてはいけません。

犬を飼う前は「それくらいどうってことない」と思うかもしれませんが、実際に毎日これらの世話をこなすのは大変です。家族で分担できればいいのですが、ひとりで全ての世話をするとなれば体力は消耗し、時間もかかります。

大型犬の場合、散歩は1日2回各1時間程度ずつ必要なので、それだけでも毎日2時間は犬のために費やすことになります。

もし犬の体調が悪くなったり、ケガをしたりしたときは、仕事を休んだり予定をキャンセルしたりして、動物病院へ連れて行く必要があります。こうした世話は、犬の生涯にわたり続きます。犬の世話に体力や時間を奪われても、飼ったことを後悔しないでいられるでしょうか?

5.介護が待っているかもしれない

犬の平均寿命は14歳程度と言われています。犬は人よりも成長スピードが早く、7歳前後でシニアの仲間入りとなります。犬は昔よりも長生きになりましたが、その分シニア期が長くなっています。

犬もシニアになると、さまざまな老化の症状が表れ、認知症になることもあります。介護が必要になるケースも珍しくありません。年を取っていなくても、ケガや病気で介護が必要になることもあります。

犬の飼い主になったら、たとえ介護が必要になっても、最期まで面倒を見る責任があります。「介護が大変だから手放す」は通用しません。

まとめ

抱っこされるコーギーの子犬

今回は、犬を飼ってはいけない理由を5つご紹介しました。犬を飼ってはいけない理由を知って、犬を飼うことに不安を感じるのなら、今は飼うべきではありません。犬を飼ったことを後悔し、不幸な犬を増やしてしまう可能性があります。

犬を飼うということは、ひとつの命を預かるということです。そして預かった命には、最期まで責任を持たなくてはいけません。それなのに「世話ができなくなった」「引越しで飼えなくなった」「言うこと聞かない」といった理由で、保健所や動物愛護センターに犬を持ち込む飼い主がいます(動物愛護法の改正により、安易な持ち込みに対して引き取りを拒否できることになっています)。

犬を飼うことのマイナス面も受け入れる覚悟と、最期まで責任を持って面倒を見る覚悟がないのなら、犬を飼うのはやめましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ここらぶ

    人生 節目 アクシデント 大切な人とのお別れ その時々にワンチャンがそばにいてくれてどれほど助けられ癒されたことか、、、今まで巡りあったワンチャンに感謝です。そして今縁があったワンチャンもいとおしいです。心癒され良きパートナーです。また頑張ろうと思います。
    ここらぶの投稿画像
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬が捨てられる理由、全て飼い主の都合、勝手だ。なんで自分の人生を人に決めされられる。一度家族になった者をなぜ捨てる?人間相手にそれが出来るか?出来るなら別に構わない、でも苦しめるのは明白。俺には捨てるやつの思考回路が理解できない。そこに行き着く課程が解らない。おかしすぎる、狂ってる、人間として終わってる。なんでそこまで言うか。わざわざ話す必要あるか?まあ良い、教えてやるよ。犬は命、生き物。つまり犬を捨てることは命を捨てる事。出来る奴は覚悟がない責任がない人として終ってる。それに犬は最も永く人と共存してきた動物。そいつを捨てるのはあまりに勝手すぎる。一番は前者だろう。皆さんも前者なら理解できるでしょう。捨てるなら最初から飼うな!不幸にするなら迎えるな!安易に飼える代物ではない。俺だって苦労した、悩んだ、辞めようと何度も思った。飼わなきゃよかったって思った事も一度や二度じゃない、何十回何百回思ったか。でも捨てるなんて結論には至らなかった。至った答えはただ1つ。俺が躾る、俺が責任を持って育てる。それが俺の答だ。俺は誰よりも責任を持っている。誰にも負けない程熱意を注いで育てている。一般の飼い主よりも遥かに。他人も認めるほど。 
    死ぬ犬は減って入るが0にはならない。もし全員が責任を持って飼う人ならば死ぬ犬は居なくなるのに。実際飼ってる俺も愛犬を幸せにできてるか解らない。でも捨てられるより遥かにマジだろ。頼れるバディがいるんだし。俺は幸せにしてやりたいし。犬は幸せを求めて貴方のもとにきたのです。奇跡的な確率で。ならば不幸な犬生にしないでください。幸福な日々を願ってます。
    匿名の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。