犬が『肌トラブル』を起こしている時のサイン7選!病院に行くべき基準は?

犬が『肌トラブル』を起こしている時のサイン7選!病院に行くべき基準は?

小さな『肌トラブル』が重度な皮膚病を招くことがあります。『犬が肌トラブルを起こしている時のサイン』についてまとめました。病院に行くべき基準、肌トラブルの原因と対策についても分かりやすく解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の肌トラブルのサイン

足を噛んでいる子犬

1.大量のフケが出る

犬の皮膚に大量のフケが見られる時は「肌トラブル」のサインです。

主な原因は肌の乾燥です。犬の皮膚は人間の皮膚の1/5ほどの薄さとされており、空気が乾燥する時期や室内の冷房または暖房の影響によって乾燥しやすいです。

乾燥した皮膚が剥がれ落ちたものがフケです。また、シャンプーが合わない場合や、洗いすぎによって乾燥することも多いです。

2.大量の毛が抜ける

換毛期でもないのに大量の毛が抜ける時は「肌トラブル」のサインです。

被毛をめくってみると所々に脱毛している部分があり、異常な抜け毛であることがわかります。

お尻周りの毛が薄くなる、マズルの周りだけ毛がなくなるといった症状が見られることもあります。

3.皮膚が赤い

犬の皮膚が赤くなっている時は「肌トラブル」のサインです。

犬の健康な皮膚は白っぽく薄いピンク色をしています。赤くなるということは炎症が起きているということです。

または不快感などから、犬がしきりに舐めたり掻いたりすることでも赤くなることがあります。

4.異常に痒がる

かゆがるコッカスパニエル

皮膚を異常に痒がる時は「肌トラブル」のサインです。

手足で引っ掻いてしまい、皮膚に傷ができたり出血することもあります。

あまりの痒さにお散歩の途中に座り込み、カキカキしてしまうこともあります。

5.皮膚がベタベタしている

皮膚がベタベタしている時は「肌トラブル」のサインです。

犬の皮膚からも皮脂は分泌されますが、健康な状態であればベタベタするほどの分泌量ではありません。ベタベタするのと同時に、湿ったフケが混じっていることもあります。

6.皮膚から異常なニオイがする

皮膚から異常なニオイがする時は「肌トラブル」のサインです。

皮膚がベタベタし、湿ったフケが出ます。顔を近づけてニオイを嗅いでみると犬独特なニオイとは別に異常なニオイを確認することができます。

閉め切った室内で過ごしている時、嫌なニオイがするなと感じることもあります。

7.耳の中を痒がる

耳の中を痒がる時は「肌トラブル」のサインです。

異常に痒がる時は、耳の中から嫌なニオイがすることもあります。耳に触れてみると痛みを訴えることもあります。

病院に行くべき基準

トイプードと獣医師

  • 大量のフケ
  • 皮膚の赤み

この2つのサインが現れたら、早めに受診することをおすすめします。

痒みの症状が出ていなくても病院に行くべきです。今以上に悪化させてしまわないためです。

フケや赤みは被毛をめくって見なければ確認できません。普段から愛犬の皮膚の状態を確認する癖をつけておくと良いです。

犬の肌トラブルの原因と対策

首元を痒がるフレブルの子犬

  • 乾燥
  • アレルギー
  • 真菌(カビ)の感染
  • 寄生虫の感染
  • ストレス
  • 内臓の疾患

これらは、犬の肌にトラブルを起こす主な原因です。内臓の疾患が肌トラブル(皮膚病)として現れることもあります。

アレルギー検査や血液検査、皮膚や被毛の検査によって原因を特定することができます。内臓の疾患が原因である時は超音波検査やレントゲン検査が必要になる場合もあります。

犬の肌トラブルの対策

皮膚の乾燥を防ぐためには、犬が過ごす室内の湿度を適度に保つことが必要です。犬用の保湿剤を使用するのもおすすめです。

また、ハウスダストがアレルギー源となってしまうことがあります。小さなホコリや抜け毛などもこまめに掃除するようにしましょう。

さらに、ストレスをため込むと皮膚やカラダ全体の免疫力が低下し、感染しやすくなります。適度な運動や遊びで発散させてあげましょう。

ノミやマダニなどの寄生虫は、定期的な予防薬で防ぐことができます。

まとめ

診察台の上の犬

次のような犬が肌トラブルを起こしている時のサインがひとつでも現れたら要注意です。

  • 大量のフケが出る
  • 大量の毛が抜ける
  • 皮膚が赤い
  • 異常に痒がる
  • 皮膚がベタベタしている
  • 皮膚から異常なニオイがする
  • 耳の中を痒がる

ひとつでも当てはまる場合には、なるべく早く病院へ連れて行ってあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。