体は穴だらけ…元闘犬の噛ませ犬『ポチ』が保護犬を救う相棒になるまで

体は穴だらけ…元闘犬の噛ませ犬『ポチ』が保護犬を救う相棒になるまで

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。ポチパパさんの『愛の手』は多くの犬達の未来に明るい希望を与え続けています。

お気に入り登録

『ポチ』の名を受け継ぐ相棒犬

初代ポチ亡き後『ポチパパ』と呼ばれると寂しさを感じずにはいられなかったというポチパパさん。初めて迎えた闘犬はポチの名を受け継ぎ、素晴らしい相棒犬へと成長しました。

警察署に保護されたアメスタ犬

『いつかアメリカンピットブルテリアを迎えたい』当時そう考えていたポチパパさんの元へ舞い込んだ知らせ。それは『警察署にアメリカンピットブルテリアのような犬が保護されている』というものでした。

2代目ポチとの運命の出会い!

すぐさま車を飛ばし、向かった先に待っていたのはアメリカンピットブルテリアではなく、アメリカンスタッフォードシャーテリアでした。体には犬に咬まれたのであろう傷が無数に蔓延り、顔は穴だらけ。

違法な『闘犬』で噛ませ犬にされていたのであろうその子を引き取ることを決心したものの、座ることさえ教えてもらっておらず連れ帰るのも一苦労だったとポチパパさんは語ります。

クレートもリードも破壊!

当初はクレートでさえ簡単に破壊、リードは噛みちぎり…と相当の苦労をしたそうですが、現在ではピットブル達の教育係、そして保護犬達のリハビリのサポート役として活躍しています。

特にピットブル兄弟の教育においては『本当に助かっている』と、ポチパパさん。『今思えば、甘噛みがなくなったのはポチのおかげかもしれない』という言葉も。

愛情たっぷり!優しすぎる一面も

そして何より、小さな子供に対して優しいのもアメリカンスタッフォードシャーテリアやアメリカンピットブルテリアなどの闘犬に共通する特徴だとポチパパさんは語ります。共に保護活動を行う高木さんの愛娘である心優(みゆ)ちゃんともすっかり仲良しに♡

元闘犬噛ませ犬の掴んだ幸せ

ポチパパさんがお迎えした当時、ポチは推定3歳。人間の身勝手で傷つけられ続けたのにも関わらず再び人を信じ、愛し、同じように複雑な過去を持つ保護犬達を救い続けるポチの姿は愛情と優しさに満ちています。

これからも、多くの命が輝くためのリハビリにそっと手を貸し続けてくれることでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパさんの本が出ました!

『2代目ポチ』とポチパパさんの出会い、ストーリーの詳細は『どんな咬み犬でもしあわせになれる 愛と涙の“ワル犬”再生物語』でも詳しく語られています。今現在のポチからは考えられない!ポチパパさんの愛溢れる苦労、だからこそ築かれた絆をぜひチェックしてください!

どんな咬み犬でもしあわせになれる 愛と涙の“ワル犬”再生物語
¥1,320円(税込)

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。