3本の足で必死に逃げる小型犬の保護。咬まれても動じない職員に脱帽!

3本の足で必死に逃げる小型犬の保護。咬まれても動じない職員に脱帽!

ケガをした犬は人を恐れ、保護団体職員に咬みつきました。しかしやっとの思いで病院に連れてくと、それが単なるケガではないことがわかりました。

お気に入り登録

ビクビク、ピリピリ

通報・発見

ケガをした犬が道路にいるとの連絡を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS がかけつけました。さっそく駐車している車のしたに犬を発見し、近づきます。

犬は極度に人を警戒していて、まだ距離があるうちから逃げていきます。なので、追いかけるよりもケージトラップをしかけることにしました。

走り方はぎこちなく、足をケガしているようです。

近所の人たちが食べ物を与えていたので空腹ではなかったためか、ケージの中の食べ物につられません。やっかいです。

犬が食べ物を無視する様子に、保護団体メンバーの青い髪のジョアンも、思わず「ほんとに!?」とつぶやきました。

犬はどんどん先へ走って行ってしまいます。

恐怖心のかたまりの犬

犬を追って1時間、やっと住宅の庭先に入っていきました。門扉(もんぴ)の前にプラスチックフェンスを立ててすり抜け防止をし、許可を得て中へ入ります。

1人が犬の後ろへ回り込み、前へ追い出したところ。手前側の後足は完全に地面から浮かせています。3本足であれだけ走り回っていたのです。

車のまわりをプラスチックフェンスで囲って、車の下ではって犬に近づきますが、布リードを首にかけることができません。

「この子、咬むかもね。」

苦労してやっと首の周りに布リードをまくことができました!でも犬はまだ非常に緊張して、瞳が異様に光っています。

ジョアンは勇敢にも素手で犬の頭をなで、頃合いを見て車の下から引っ張り出しました。

犬は懸命に抵抗します。動画の3分48秒あたり、すごい迫力!それだけ恐怖心が強いのです。

タオルをかぶせて外に出し、ジョアンが暴れる犬を抱きかかえて、ついにケージに押し込みました!

でもこの格闘の間に、ジョアンは手に咬みつかれてしまいました。

「大丈夫。そのかいはあったね!」気丈なジョアンです。

ケア

うなる犬を車に乗せて病院に向かいます。名前は「ジャックス」にしました。

診察台に乗せられる頃には、ジャックスもついにあきらめてくれた様子。人も犬もおっかなびっくり、でも少しずつ信頼を築きます。

足のケガは、生まれながらの骨の発達異常だと判明しました。足自体が通常より短いのです。

シャワーは、ジャックスにしてみれば相当な試練。頑張りました。

ジョアンとも仲直りし、すっかり落ち着ついたジャックスは、ソファで眠り込んでしまいました。疲れたね。

それから

発達異常の足は切断した方がよいと判断されました。これまでも3本足で力強く走っていたので、大丈夫!

そして3か月後、ジャックスは里親さんとめぐりあいました。人への恐怖心を完全に克服したジャックスが、里親さんと遊ぶ様子で動画は終わります。ポジティブなオーラ全開!是非見てください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。