犬との最期の時間を過ごす。後悔しないよう過ごすために意識すべきこととは?

犬との最期の時間を過ごす。後悔しないよう過ごすために意識すべきこととは?

わんこと暮らしているからには、いつかは必ず訪れる最期の別れ。わんこと過ごす最期の時間をできるだけ後悔のないものにするために、私たちはどんなことを意識すべきなのでしょうか。

お気に入り登録

できる限り愛犬のそばにいる

犬と時計

愛犬の看取りについて飼い主さんが、最も強く後悔してしまうことといえば「ひとりで旅立たせてしまった」「最期を看取ってあげられなかった」というものではないでしょうか。愛犬との残された時間をできる限り一緒に過ごせるよう、ある程度のスケジュール調整が必要になる場合もあります。

とはいえ、仕事や学校などどうしても休めないこともあるでしょう。そういった場合でもできる限り早く帰ってきたり、断ることのできる用事は極力断ったり、取り戻すことのできない時間を後悔しないように過ごしたいですね。

また、容態の急変に備えて夜間も愛犬のそばに寄り添って寝てあげるのも良いでしょう。ただし、どれだけ配慮したとしても、最期を看取れない場合もあります。その際は決してご自身を責めないでくださいね。

こまめにスキンシップや声かけをする

頭を撫でられている犬

ターミナルケアにあたっては、ブラッシングやドライシャンプーで肌や被毛の清潔を保ってあげたり、排泄物や分泌物をしっかり拭き取ってあげたりと、スキンシップを兼ねたケアを欠かさず行ってあげることも大切です。

しかし、病状が悪く苦痛な状態が続いていたり、昏睡状態であったりすることも少なくありません。愛犬の状態によっては、飼い主さんが撫でたり声をかけたりしても反応がない場合もあるかもしれませんが、決してスキンシップや声かけを減らしてしまうべきではありません。

飼い主さんにとっても「もっと撫でておいてあげれば良かった」という後悔にも繋がりかねないのです。たとえ反応することができなくても、撫でられていることや優しく声をかけられていることは愛犬には必ず伝わっています。

愛犬の好きなものを思い出す

犬とハートの風船

愛犬に寄り添っているとき、ぜひ愛犬が好きだったものを思い返してみてください。あのおやつが好きでよく食べていたな、あのおもちゃで遊ぶのが好きだったな、こうして過ごすのが好きだったな、たまにあの人が遊びに来てくれると喜んだな等々。

すると自然と「最期にこうしてあげたい」「こうしてあげたら喜ぶはず」というアイデアがひらめくはずです。食べられなくても好物を用意してあげたり、たとえ反応できなくても愛犬が大好きだった人を呼んで撫でてもらったり…穏やかで幸せな時間、環境を準備してあげましょう。

写真を撮る

寝ている犬とスマホの写真

愛犬家の皆さんのなかには、スマホの写真データが愛犬でいっぱい!という人も少なくないはずです。ですが、愛犬が旅立ってしまった後は、当然ながらもう愛犬の写真を撮ることはできません。

苦しい闘病生活を送っている場合では、愛犬の辛い姿を撮影することにためらいを感じてしまうこともあるかもしれませんが、それでもたくさんの写真を撮って残しておくことをオススメします。

苦しそうな表情を撮影することに抵抗があれば、身体の一部を写すだけでも良いかもしれません。愛犬と最期の時間を過ごした証を残しておきましょう。

まとめ

寝ている犬の手を繋ぐ

いかがでしたでしょうか?愛犬との別れは誰しも想像したくないものです。そしてどんなに心構えをして準備をしていても、後悔をゼロにすることはできないでしょう。それでも現実から目を逸らさず、折に触れて「いつか」のことを考えて心構えをしておくことが後悔を少しでも減らし、ペットロスを和らげることにつながります。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    どんなに忙しなく生きても後悔の無いよう生きても必ず後悔はやってきます。そう、誰でも必ず。後悔しないようにって言われてもしないなんてありえません。それが最良のパートナーなら尚更です。後悔してももう遅い。後悔しようと時は戻らないし犬だって生き返りません。言い方悪いと思いますが愛犬は今を生きてます、今しか生きれません。今を大切にする犬だから貴方方飼い主も今を大切にして下さい。まだペットロスを経験してない俺ですがこれだけは言えます。今を生きれば必ず後悔にも打ち勝てる。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。