「誰だ!」怒鳴り声はホームレスの居住地のため。理解を得て親子犬を保護

「誰だ!」怒鳴り声はホームレスの居住地のため。理解を得て親子犬を保護

夜間の保護活動で犬を追って行くと、突然、「誰だ!」という叫び。ホームレスの人々がテントを張っている場所だったのです。人とのコミュニケーションをともなう保護の例。

お気に入り登録

犬には飼い主がいた

通報・発見

黒犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWSが犬が目撃されている場所へ車を走らせました。

もしかしたら子犬がいる母犬かもしれないとの情報です。いましたよ。犬は連絡してくれた人に寄ってきます。

この人が少し食べ物をあげるのを見て、保護団体リーダーは「あんまり食べ物をあげないで!」と注意。これから食べ物でおびき寄せたりするのに、おなか一杯では犬が無反応になってしまいますからね。

10日間ほど、ここの工場で働いている人たちが食べ物を与えていたそうです。

子犬さがし

録音された子犬の声を聞かせてみました。

子犬がいるなら、心配して彼らが待っている場所に戻って行くかもしれません。過去にこの方法で成功例があります。

黒犬は音に興味を示しています。奇妙な音をよく聴こうとして首をグリン、グリンと左右に傾ける動作は、犬がよくやりますね。

この後カメラにぐっと近づいて不思議そうに、熱心に聞き入っていましたが、自分の子犬たちの所に行く行動は見られませんでした。

もしかしたら、もう人が持ち去ってしまったか、他の犬や野生動物に食べられちゃったとか…。

これは難しい状況ですよ。この犬だけ保護するのは簡単そうですが、もし子犬がいるなら、放置するわけにはいきません。

団体リーダーは、しばらく様子を見ることにしました。

2時間後、あたりが暗くなり犬が動き出しました。高架道路の下の茂みに入って行ったようです。

暗い中で1人での保護活動はちょっと心細そう。足元は大きくとがった石がごろごろしています。

気をつけて!犬を追って茂みを注意深く進んでいくと、近くで犬が2匹、吠え始めました。

懐中電灯に照らされて、黒犬の目が光りました。手から食べ物を受け取り、なでられていた先ほどとは打って変わって、そこに立ちはだかって吠えています。

「やあ。子犬はどこ?」と声をかけながら近づきます。

誰だ!

あれ?リーダーは気づきました。どうやら高架下はホームレスの人々の寝床になっているようです。「ハロー」と声をかけてみました。

「何だ、誰だお前!」誰かが叫びました。うわぁ、これは恐い。

「動物の保護活動団体で、犬の保護に来ました」ということを伝えます。

ここで疑われたままでは、身の危険にもつながります。銃社会、アメリカですからね。本当に気をつけて!

「そっちに行ってもいいですか?」と聞いても、応えがありません。とりあえず進みます。

暗くて、その人がどこにいるのかもわかりません。犬は吠え続けていますが、とびかかるようなことはないようです。

「テントの中だよ」と、向こうからくぐもった声が返ってきました。もう1頭の犬も盛んに吠えます。

「黒犬の保護に来た、子犬もいるらしいですが」と説明すると、「飼い主がいないからわかんないよ。」とのこと。一応、所有者がいるのですね。

高架道路の支柱になっている壁ぎわの囲いの中に、コロンと転がっている子犬たちを発見しました。

母犬は手から食べ物をうけとりましたが、カメラが子犬の方を向くとまた吠えます。

賢い彼女、人は恐くはないけれど、とにかく子犬に手を出されるのが不安なのですね。

この生活環境は犬にとって最適とは言えません。

去勢、避妊をしていない犬たちは、このままでは際限なく繁殖して手に負えなくなります。でも、飼い主がいる以上、勝手に連れ去ることはできません。

テントにいる男性にもう一度声をかけます。「よければ、夕食を買うお金を差し上げましょうか?」

「お好きなように」との答えに、リーダーは少しお金を手渡しました。

「さっきはどなって悪かったね」と、男性はあやまります。「いえ、私の方が侵入してきたんですから、気にしないで。」とても穏やかな会話です。

テントの男性だって、きっと恐かったのでしょうね。だからこそ、丁寧に説明し、尊重することが大切だとわかります。

犬の保護活動で、思わぬ学びがありました。

「じゃあ、また明日の昼に来ますね」と、いったんこの場を離れました。

交流

翌日、保護団体のメンバーたちと一緒に再度、高架下にやってきました。

今日はホームレスの人たちの昼食と犬のベッド、未開封のドッグフード、それに寝袋をいくつか持参です。

母犬と子犬たちの飼い主は、団体が彼らを引き取ることに同意してくれました。この子は大あくび。子犬たちはきちんと世話されていたおかげで、人を恐がらずリラックスしています。

飼い主と保護団体メンバーも笑い声を交えながらなごやかな雰囲気です。

コミュニケーションをおろそかにしたら、飼い主の抵抗にあって犬たちの引き取りも難航するでしょう。

団体リーダーの人柄、大事ですね。

それから、ここに「住んでいる」のは2人だけじゃないみたい。10人以上いるのかな?犬も飼って、小さなコミュニティになっているのですね。

ホームレスの人たちが助け合って暮らしていました。持参した昼食は全員分あります。どうぞ、お昼を楽しんで!

保護

子犬たちをキャリーケースに入れる間も、母犬「ベア」は吠えずに見守ってくれました。

最後にベアに布リードをかけたのは、おそらく飼い主だったバズさん。

この人、本当はベアだけは手もとに置いておきたかったのですが、団体の説得に応じてくれました。離れがたいでしょうけど、納得してくれてありがとう!

ベアはやっぱり、このコミュニティを離れるのはイヤ。と座り込んで動きません。かわいがられていたのね。

最後は、飼い主バズさんが、ベアを抱いて車まで連れてきてくれました。

ベアはある日、バズさんの前にふらりと現れて、それ以来ずっと一緒だったそう。離れがたい絆があるようです。

でも、ベアと子犬たちの健康で安全な生活のために、「さよなら」を決断してくれました。涙

最後に高架下で別れる際、保護団体リーダーは、「またね!(See you later!)」と言っています。このコミュニティの人たちと、少しでもつながりを継続させるつもりなのでしょう。

ロスアンジェルスやその近郊で保護活動を続けるにあたり、地域の人たちと良好な関係を築くことはとても大切なこと。それをとても自然にやっているリーダーです。

ベア親子を乗せて帰る車の温度計は、50℃を示していました!

ケア

病院に到着し、みんな体を洗います。

お母さんも。
この後、子犬たちの授乳タイムもありますよ。

それから

保護の翌日には、親子そろって一時預かり施設に移動しました。

子犬たちは庭でコロコロ遊びまわり、ベア母さんは静かに見守っています。

これからみんな、素敵な里親さんとの出会いを待つのです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。