震えていた小型犬は、唐突に人を信頼してコテッとあご乗せ。保護完了!

震えていた小型犬は、唐突に人を信頼してコテッとあご乗せ。保護完了!

人を恐れて震えていた小型犬を保護。ゆっくりと近づき、やさしく接していると、突然緊張がとけてリラックスモードに突入しました。

お気に入り登録

本来の元気な姿を取り戻して

通報・発見

人を恐れる小型犬の保護依頼で、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWSがかけつけました。

犬は、金属の柵の内側の溝のようなところに収まっています。慌ててつかまえようとすると、柵のすき間をするりと抜けて道路にとび出す恐れあり。

犬は人と視線を合わせないようにして、よく見ると小刻みにふるえているようです。

接近・保護

柵の間からワイヤリードを差し入れて、犬の頭にかぶせます。うまくいく?

あー…失敗。犬は奥へ逃げてしまいました。

保護依頼をしてくれたのはこの家の住人のようですが、実はこの方、5年前にもここで小型犬の保護依頼をしていたのです。

すっかり忘れていた団体リーダー、ここで、「あれ、あなたはあの時の…」と突然思い出したよう。似たような状況だったんですね。

ここは玄関に通じる通路のようなところ。犬が怖がらないように、通路をはって進んでいきました。

でも見て!犬の視線は、さっきの金属の柵の方に向けられています。逃げようとしてる!

犬は迫ってくるワイヤリードを嫌がって立ち上がります。

イヤイヤして頭をそらすため、このリードでつかまえるのは断念。前進を続けて、すぐ近くまで接近し、手のにおいを嗅がせます。

残念ながら新型コロナ対策のゴム手袋では、ゴムのにおいの方が強いかもしれませんが…。

でもこの手に注目。軽く握って指を守り、手の甲を差し出していますね。犬に恐怖感を与えないアプローチです。手を上から下ろして頭をなでに行くと、咬まれることもありますから!

幸いこの子は攻撃することなく、ただ震えています。

ゆっくりさわり、ワイヤリードをつけてから引き寄せて、ひざに乗せました。ここでこの子を「マッケンジー」と名前をつけました。

住人としゃべりながら布リードにつけかえていると、マッケンジーは突然リラックス!緊張が一気にほぐれて、どさっと崩れるように腕にあごを乗せてきました!笑

ケア

車中も大人しく、病院に着いてさっそく体を洗います。

それから

マッケンジーはすっかり人を信頼してくれて、明るい表情を取り戻します。

一時預かり施設では、仲間の犬たちとも仲良く走り回っています。自分よりずっと大きな子と体をはって遊び、子犬にはそっと近づいてにおいを嗅いで。

楽しく過ごしているうちに、きっと素敵な里親さんに巡り合う日が来るでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。