ホームレス男性に助けてもらった骨盤骨折の小型犬。保護して里親募集へ!

ホームレス男性に助けてもらった骨盤骨折の小型犬。保護して里親募集へ!

車にはねられてケガをした犬は、ホームレスの人のそばに身を寄せました。ホームレス支援団体のボランティア女性が気づいて、動物保護団体に保護要請しました。

お気に入り登録

ケガはどう?

通報・発見

米国・ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS(HFP)にケガをした犬の保護依頼がありました。

車にはねられたその犬を、あるホームレスの人が保護したそうです。ホームレスの人々を支援する団体がケガをしたこの犬に気づいて、HFPに保護依頼をしてくれました。

現場に来ると、ホームレスの人が作った小屋から、犬が出てきました。ちょっと腰を回転させるようなぎこちない歩き方でこちらに向かって来くると、手から直接食べ物を受け取ってくれました。

後にわかったことですが、骨盤を骨折していたのです。

接近・保護

ホームレスの人々にはペットを飼っている人もいて、支援団体は人だけでなく、そのペットたちにも定期的に食べ物を配布するそうです。

犬の保護のかたわら、同行した支援団体の女性は、この日もこのあたりのホームレスの人々にも食べ物を運びました。

この子とも顔なじみです。犬は大喜びで女性にすり寄り、最後はおなかを出してヘソ天!

無事に布リードを首にかけ、腕に抱き寄せて車に乗せることができました。

病院へ向かう道すがら、この子を「ジャクソン」と呼ぶことにしました。その理由は、動画の2分52~54秒、道路の左側にありますよ!

ケア

病院のシャワーできれいになり、ソファでくつろぐジャクソン。

HFPへのお願い♡

あれ?ここでおしまい?ジャクソンの骨盤は…?

最後にテキストで「ジャクソンは里親さんとの出会いを待っています。興味がある方はこちらへご連絡ください…」と。

要するに、骨盤の状態を検査した結果、手術しないで自然治癒が可能と医師に判断されたのかと推測します。そこのところ、うっかり抜かしてしまったのですね。笑

HFPへお願い:わかります、毎日の保護活動の合間の動画制作、大変でしょう! これからも保護すべき犬がいる限り活動してください。

そしてできれば動画でその様子を共有してください。その際、ケガは治ったことを忘れずに明記お願いします♡

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。