保護団体HFP初めての動画。編集はイケてないけど犬の保護内容は最高!

保護団体HFP初めての動画。編集はイケてないけど犬の保護内容は最高!

数多くの洗練された保護活動動画を公開している保護団体HFPですが、2009年に初めて製作した動画は、撮影技術も編集技術もつたないものでした。威嚇していた犬が信頼してくれた後の変化は、それでもしっかり撮れました。

お気に入り登録

チャイコフスキーより犬の声を入れて!笑

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS (HFP) の活躍は、わんちゃんホンポでたびたび紹介しています。

犬の保護に関するスキルが高いだけでなく、動画の撮影方法や編集も洗練されています。

でもそれとて、長年の経験のなせるわざ。今回ご紹介するのは、そんなHFPのリーダーが2009年に初めて保護活動の様子を撮影し、公開した動画です。

この白黒の犬が保護対象。盛んに吠えています。

でもBGM(チャイコフスキーの序曲「1812」という選曲も微妙…)ばかりが鳴っていて、肝心の犬の声は記録されていません。

こんなところにも、慣れない動画制作の未熟さが出てますね。

接近・保護

棒の先にワイヤの輪がついた道具を持って接近すると、犬は家の壁と塀のすき間へ逃げ込みました。それを追って、リーダーも狭い通路へ。

ぐるっと回って表に出てきました。犬はまだ一生懸命吠えています。声は聞こえませんが…。

それでもひるまずに棒を犬に向けて近づいて行くと、犬は頭を下げて視線をはずし、右に左によけるような仕草を始めます。

弱気になってきたのがわかります。それと共にBGMは盛り上がりますよ~。

そしてゆっくりと、ワイヤーの輪を頭に通して首にしっかりつけました。

犬、怖がりながらもあきらめています。

引っ張っても抵抗してその場を動きません。咬もうとするかどうか、素手を近づけてみると咬む素振りは見せません。

食べ物を見せると目をひんむいて「バクゥ!」と食らいついた~。よしよし。これはもう大丈夫そうです。

顔が必死。おなかすいてたんだよねえ。

そして布リードと素手を素直に受け入れてくれて保護完了。さっそく尻尾も振ってくれ、喜んでリードを引っ張るように歩いてくれました。

1人で犬の相手と撮影をしているので、この辺りで画面が大きく揺れています。

後に、リーダーは団体の他のスタッフに保護方法の指示出しと撮影に徹して、きれいな動画づくりができる態勢を整えていきました。

ついさっきまで吠えまくっていたのがうそのよう。人も犬も笑顔です。

信頼

あら、ついには布リードもはずしちゃった。抜け道はない場所なんでしょうけれど、まるでドッグランに散歩に来た飼い主と犬のようです。

犬の瞳に信頼の灯が宿りました。盛り上げるようなBGMが鳴り響くと、あれ?なんだか動画にぴったり…?

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。