犬に襲われケガした小型犬を保護。傷口から感染症を発症していました

犬に襲われケガした小型犬を保護。傷口から感染症を発症していました

犬に襲われてケガをした犬は、何もかも恐れているような状態で逃げ腰でした。感染症を発症していたため、悪化する前に保護できたのは不幸中の幸いです。

お気に入り登録

体のあちこちを深く咬まれた

通報・発見

ケガをしておびえた犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWSが工場の敷地に駆け付けました。

フェンスわきの植え込みに、誰かが犬のために置いてあげたのか、バスタオルのようなものが敷いてあります。その上にちょこんと横たわっている犬を発見しました。

連絡してくれた工場の従業員によると、その子は他の犬たちに攻撃されていたそうです。それを見て慌てて保護依頼したのかもしれませんね。

犬は人の接近を察知して、さっと立ち上げり、フェンスのすき間から向こう側へ入って逃げて行きます。食べ物を投げ与えても見向きもしません。

犬が逃げ込んだと思われる重機置き場をのぞくと、巨大な金属の鋤(すき)のような部品(名称不明で失礼!)の下に、その子が隠れていました。

人が動いたり、ガサッと音を立てると、ビクッと反応します。恐怖心で固まっているようです。相変わらず食べ物には無反応。怖すぎて、食欲なんてないのかもしれません。

「大丈夫よ~」と声をかけながらワイヤリードを伸ばしていくと、さっと立ち上がってよけ、体に触ると横だおしになり大きな悲鳴をあげました。

輪を頭から首に通したいのですが、逃げようとします。逃げようとする犬の行く手をさえぎりつつ、狭い空間でワイヤリードを操って…

輪が胸にはまりました!

「ヒューゴ」と名付けた犬を引っ張り出して布リードをつけると、また悲鳴!慣れてくれるかな?

あ、触らせてくれました。でもヒューゴ、無になってる、無!

ケア

病院に到着。ところでヒューゴのケガってどんな?ほらこれ、見てください。深くかまれた傷があちこちに。そこから感染症を発症しています。

化膿して体液や膿(うみ)などが内部にたまり、はれ上がっていたようです。痛かったでしょうね。それを体外に排出するために「ドレーン」と呼ばれる管を何か所も入れました。

それから

治療が功を奏して、ヒューゴはどんどん元気になりました!ドレーンが取れた頃には、つかまえた女性にもすっかり馴染みました。

呼んだら尻尾を振ってひざに上がってきて、あぐらの足の間にコトンとはまってリラックス。

健康を回復し、体毛も生えそろったヒューゴは、一時預かり施設で元気に走り回り、人の愛情を受け取って輝いています。里親さん、もう見つかったかな。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。