保護された盲目の女子犬2匹。待っていたのは驚きの明るい未来!

保護された盲目の女子犬2匹。待っていたのは驚きの明るい未来!

5匹の子犬を育てる盲目の母犬と、全身をダニに吸血されて貧血状態で発見された盲目の犬。2匹の犬生は、シェルターで交わりました。

お気に入り登録

全盲でも犬はハッピーになれる

通報・発見

ここはギリシャ・クレタ島。島の保護施設Takis Shelter が、全盲の「エマ」と子犬たちを保護しました。どのような環境から保護されたのか不明ですが、所有者にネグレクトされていたのか、すでに捨てられていたのか、そんなところでしょうか。

これがシェルターでエマが住んでいる小屋。シェルターの広い犬エリアに置かれた小屋で、子犬たちと一緒です。他の犬たちとの交流もあります。

子犬は5匹!左から2番目の子はひっくり返って、肉球がばっちり見える~。

2,3週間たったかな?子犬たちは活発になってきて、エマにまとわりついています。シェルター代表のタキスさん、朝の見回りの途中でエマに「おはよう!」と声をかけました。

遊び疲れた昼下がり、木漏れ日の中で親子はぐっすり昼寝中。

目が見えなくても、エマはとても社交的。シェルターを訪れる人たちを愛想良く迎えます。

エマがシェルターにきて半年たつ頃、もう1匹盲目の犬が発見・保護されました。

この子は吸血ダニに体じゅうをむしばまれていました。重度の貧血におちいって命の危険があるレベルです。

動画の1分38秒~2分52秒はちょっと注意。垂れた耳たぶを持ち上げると、血液を吸って丸々太ったダニがビッシリと食らいついています!胸や背中にもめり込んでいる。

このヴィジュアルがムリ!な方は、ここだけ飛ばして先へどうぞ。平気さん、怖いもの見たささんは、是非見て!ダニも一生懸命、生きている!でもゴメン、ここは犬の命優先で。

目が見えず、体力も落ちて大人しいこの子は、いきなりシェルターの犬の群に入れずに、まずは家の中ですごさせました。名前は「ブロッサム」です。

ベッドの上で休んでいたブロッサムは、人の気配に激しく尻尾を振っています!愛らしい子です。

家の中の犬仲間ともこんなに仲良しに。

ところで後ろで背中を向けてじぃっとしてる2匹、黒ちゃんはこれ、猫…ですよね?肝の座った猫さんだこと!

その後

オランダからの訪問者が、ブロッサムの里親さんに名乗り出ました!障害をものともせず、幸せそうなブロッサムに一目ぼれです。

ところが、それだけじゃなかった!驚きの展開が待っていました。何とこの方、エマに会うと…「この子にも穏やかな暮らしを与えてあげたい。」…動画へGO!

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。