親切なお宅に居そうろうした犬を保護。体はガンに侵されていましたが…

親切なお宅に居そうろうした犬を保護。体はガンに侵されていましたが…

3週間、住宅の敷地で食べ物や飲み物を与えられ、居そうろうしていた人懐こい犬を保護。おなかに広がるできものはガンでした。手術後の経過は?

お気に入り登録

最初から友好的

通報・発見

ケガをしているらしい犬の保護依頼で、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が現場に到着しました。住宅の横の日陰にその犬が横になっています。ここに3週間ほど前に現れたとのこと。

さっそく食べ物を持って近づくと、犬は少し尻尾を振って、食べ物をもらうのを待っている様子。今日の保護活動はすんなり終わりそうです。

保護

大人しく布リードをかけさせてくれました。黄色い枠内は、3週間ほど前にこの子が初めてここに現れた日の写真だそうです。

車と塀の間に隠れていました。食べ物や水を与えられてやさしくしてもらい、今ではずいぶんリラックスしていますね。

米国の独立記念日、7月4日にはかなり吠えていたそう。原因は打ち上げ花火です。この日は、米国の犬たちにとって最大の厄日。毎年多くの犬が花火の破裂音に驚いて逃げ出し、行方不明になっています。犬関係者は「花火には気を付けて。犬を家に確実に入れて」と助言します。

この子は吠えたてただけで、この場にとどまったのですね。よほど気に入ったのでしょう。

車に連れて行くために立たせると、おなかにはできものがたくさんありました。検診しなくてはね。

「ブルーベル」と名付けたこの子はとても人懐こく、リードをして嬉しそうに尻尾を振っています。やっぱり、飼い犬だったんですよね、きっと。

車に乗り込む前に、3週間世話をしてくれたやさしいお兄さんにごあいさつ。ありがとう、さようなら。

車には、今日、ブルーベルの前に保護された「サッシ―」もケージに入って待っていました。2頭とも吠えたり威嚇したりせず、なごやかな雰囲気です。サッシ―の保護の様子も、後日お伝えする予定です!

ケア

病院でさっそくおなかにたくさんあるできものを調べると、肥満細胞腫という腫瘍に加え、乳がんも見つかりました。大丈夫、ちゃんと治療しようね。

まずはシャワーを浴びてから。下の静止画は、ブルブルブルッの0.5秒前!

そして腫瘍を全て外科手術で取り除きました。幸い、がんが転移していないことも確認できました。クリニックの職員ともすっかり打ち解けています。

下の静止画では、手術から回復後のブルーベルのおなかが見えます。体毛はツルツルにそってあり、そしておなかの真ん中にまっすぐ、長い縫合あとが見えますね。大手術だったことがわかります。

手術や回復期の様子は省略されていますが、きっと時間がかかったと思います。元気に回復してよかった!

それから

回復したブルーベルを、協力関係にある一時預かり家庭が引き受けてくれました。誰とでも仲良くできる社交的なブルーベルは、家庭犬として問題なく家庭に溶け込めるでしょう。

「お手」をして「いい子ちゃーん!」と言われている場面があったと思うと、「お座り!」と何度言われても無邪気にキョトンとしているブルーベル、どれもかわいらしい。どうかよい里親さんに巡り合って!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。