大・変・身!鬼の形相だった犬が、こんなふうになっちゃうなんて!

大・変・身!鬼の形相だった犬が、こんなふうになっちゃうなんて!

人を警戒し神経をとがらせた発情期の犬の保護には、犬と人の間の力関係の駆け引きがありました。保護して腹腔鏡手術により避妊が完了した犬は、直後からがらっと態度が変わります。

お気に入り登録

鬼?悪魔?本当は発情期の恐がりな女の子

通報・発見

とてもピリピリした雰囲気の犬の保護依頼に、保護団体HOPE FOR PAWS がかけつけました。事業所の敷地で食べ物を与えていたので、犬はここにやって来ます。

賢い犬は、保健所の職員が仕掛けた罠にはかからなかったそうです。辺りを見回すと…いた!

食べ物を見せて声をかけると、ワオオォゥオゥオゥ!と吠え、さささっと小走りで遠のきました。賢くて、すばしこくて、人を警戒している。これは厄介かもしれませんよ。

犬と人の攻防

周囲を30分ほど追いかけて、やっと犬がフェンスで囲まれた事業所の敷地に入ったところで、門を閉めました。とりあえず逃げ道はふさぎましたが、敷地内には隠れる場所が色々ありそうです。

犬はあちらこちらとチョロチョロ逃げ回り、吠えています。不用意に接近すると咬みつかれる恐れもあります。気をつけていきましょう。

2方向からはさまれて、トラックの下に隠れた犬。牙をむき、吠えかかります。この状態でしばらくにらみあい。犬が落ち着くのを待ちます。声をかけ続けるのも良いのでしょうね。この後、地面に置いた食べ物を口にしました。よい兆候です。

…と思ったら、食べ終わるとまた、この調子。そして一瞬、カメラに向かってとびかかるような素振りをみせました。

ワイヤリードを振り、大きい声で「No!」と制します。この辺は、犬と人間の力比べなのでしょうね。ここで人が負けて逃げ出すと、追ってきて咬みつくのかもしれません。「お座り!」とも言ってますよ。

あ、犬がスッと目をそらしました。威嚇が通じない相手と悟ったのでしょうか。

でももう一度、牙をむき、吠えてみます。また強く「No!ダメ!」と言われ、犬は後ずさり。犬は後ろのもう1人の方もチラッと見たりして、この心理戦、とても興味深いです!

犬は車の陰に伏せました。また牙を見せると、リーダーはすかさず「ダメ。僕の言うこと聞いて。」と、強く、でもやさしさ溢れる声で諭します。

ワイヤリードが接近してくると、犬はたまらずまた牙をむいて吠え、そしてリードに咬みつきます。怖くてたまらないのでしょう。

面白いのは、この状態でも、食べ物を投げると食べるところ。笑

あ、出てきました。食べては、顔を上げて牙をむく。それを繰り返します。見て、尻尾がキュッと足の間に巻き込まれています。持久戦。日も落ちてきました。

犬、まだ怖い顔で抵抗します。頑張るなあ。

食べ物のかけらをまくと、ムシャムシャと食べます。そのスキをついて、スッとワイヤリードの輪を首に通しました!犬もおなかはすくし疲れてきて、ちょっとどうでもよくなってきた感じ?ワイヤリードを2本かけることができました。

3本目のワイヤリードを反対側からかけようとした時、追加で投げた食べ物が、この子の頭に「ポヨン!」と当たりましたが、犬はそのまま食べ続けます。ここクスッと笑える場面です。

やはり慣れてきたというか、どうでもよくなってきたというか。そんな心境みたいです。3本目、かかりました。

少しずつ車の下から外へ誘導し、従業員の協力も得て、最後の抵抗を見せる犬をケージに入れることに成功!フー!やった!

犬の名前は「マディ」です!ケージの中でもまた牙むき吠えました!最後まで頑張るマディです。

リハビリ

マディは女の子。極端にピリピリしているのは、「さかり」がついているからかもしれません。

病院で待機していた一時預かり施設などの関係者が、発情期でとんがっているマディをなだめようと、色々やってくれます。歌を歌ってあげる人も!

ほうきの柄で作った即席の「腕」でマディをなでてみます。怖くないよ。

数日後、マディは避妊手術を受けました。これは手術前の麻酔が効いてきたマディです。チューブをのどに挿入する場面では改めて、犬の舌って長いんだなぁ。

腹腔鏡手術といって、体に負担の少ない手術方法を選択しました。実際の手術の場面もほんの少しありますが、おなかに小さな穴をあけても血が出ないから安心してください!興味深い記録映像だと思います。それでも苦手な方は、14分17秒~14分48秒は飛ばしましょう。

それから

びっくりですよ。手術の5時間後、マディは団体リーダーと、テニスボールで遊び、それから素直にシャワーも浴びてきれいさっぱり。

びっくりポイント1、避妊の腹腔鏡手術後は、経過が良ければ傷口をおさえるパンツや帯など必要なく、すぐに普通に遊んだり、水を浴びたりできること。

びっくりポイント2、あの恐ろしい形相だったマディが、突然こんなにかわいらしくなっちゃった!何が起こったの!?という感じです。これなら、家庭犬の訓練もすんなり完了しそうです。実際、訓練士の元でトレーニングを無事終えたマディの姿は、感慨深いですよ。

あとは、里親さん、カモン!

マディと人の駆け引きと、その後の大変身を動画でご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。