鎖につながれた2匹は、隣にいながらも金網で遮断され、孤独に生きていました

鎖につながれた2匹は、隣にいながらも金網で遮断され、孤独に生きていました

鎖につなぎっ放しのネグレクト状態に置かれた老犬と若い犬を保護。2匹ともすぐにシェルターの犬社会に馴染める親しみやすい性格でした。そして先に里親さんと巡り合ったのは…。

お気に入り登録

君たちを置いて行かないよ!

通報・発見

ギリシャ・クレタ島で、ひどい環境に置かれた犬たちがいると警察に通報があり、島の保護団体Takis Shelter が保護協力要請を受けました。

天然か人工的に作ったのかわかりませんが、岩の下の穴の前に金網を張り、そこに鎖につないだ白犬を押し込めているようです。

近づくと犬は恐がって岩の下にもぐりこみました。どうやら岩の下にブロックで囲いを作り、穴倉のように仕立てたようですね。

その横手には、また別の犬が。高齢のこの子も鎖につながれ、倒された大きなプラスチックのつぼが犬小屋がわりのようです。何年も何年もこうして、つながれたままだったのかしらん…。

2匹の犬たちは、はり出した岩にはばまれて互いに交流もできません。

この子は鎖を一杯に引っ張って前に出て、差し出された手を静かに、でも嬉しそうに受け入れました。

早速2匹を保護します。

まず大人しい老犬の方を先に連れ出しました。若い白い子の目の前を通って歩いて行きます。すると、白い子は夢中で叫び声を上げました。

「待って!どこ行くの!?置いて行かないでえー!!」と言っているようです。とても悲しい声。もちろん、君も一緒だよ!

シェルター

2匹をシェルターに保護した最初の夜。こんなふうに2匹寄り添ってリラックスして眠ったのは、きっと生まれて初めてでしょう。背中を向けている老犬がメス、1歳未満の白い子がオスでした。

こちらは翌日の様子。すでに多くの犬仲間の中に溶け込んでいます。

老犬を「ムミア」、若い白い子を「ダニー」と名付けました。

2匹とも、こんなぬくもりを思いこがれたことでしょう。それとも、そんな可能性を知らなかったかも。

ムミアが、捨てられていた子犬たちが乳房に吸い付くままにさせています。もう乳が出ることはないでしょうけれど、ムミアにとっても、この触れ合いは癒しかもしれませんね。

と、思ったら、乳が出たんですって。きっと幸せホルモンがガツンと出たんですね。

その後

若いダニーの方が里親さんに巡り合うチャンスは大きいでしょう。が、時にはこんなこともある。なんと、年老いたムミアが先に里親さんに出会ったんです。ダニーもきっと!

高齢とは言えまだまだ元気なムミアは、国境を越えて里親さんのお宅へ「帰って」行きました。どこの国?答えは、動画の3分4秒の字幕にありますよ!

ムミア、テロンとした耳をなびかせて、思いっきり走り、遊びます。よかった、間に合って。ムミアが走って遊べるうちに、あの牢獄のような場所から救い出せて。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。