市場に出回る1匹の小型犬の背後で、大量の犬が犠牲になる商売の実態

市場に出回る1匹の小型犬の背後で、大量の犬が犠牲になる商売の実態

ノースカロライナ州で機能不全におちいっている小型犬の子犬工場が摘発され、複数の動物愛護団体が共同で犬の救出に当たりました。そこには、多くの犠牲を出しつつ運営する典型的な子犬工場の実態がありました。

お気に入り登録

機能不全の子犬工場

依頼・共同救出

米国ノースカロライナ州の郡保安局に、The Humane Society of the United Stated(米国動物愛護協会)とその他の保護団体が招集されました。目的は、管轄内で発見された、ずさんな子犬工場から60頭を超す小型犬の救助です。

後足がマヒした子、舌がだらりと口から垂れた子…

口元がゆがみ、震える細い足でかろうじて立っている子、瞳が白濁し視力を失っている子…。

多くが、体のどこかに病を抱えたまま放置されています。

郡保安局からの依頼で、複数の団体が合同で救出に当たりました。

団体のスタッフは言います。

「典型的な子犬工場の実態です。多くの犬は緊急に医療ケアが必要な状態です。犬と人とのコミュニケーションはおろか、基本的な健康管理もできていません。単なる金もうけの手段なのです。」

この子は視力を失っていますね。

最後に

施設の所有者は、犬を放棄することに同意したそうです。

当たり前と思いますが、こんな状態でもかたくなに所有権を手放さない子犬工場の所有者もよくいるのです。

ここにいるのは、たまたまこの時まで生きながらえ救出されたラッキーな一握りの犬たちです。まさに今、全世界にどれほどの子犬工場で犬たちが闇に葬られているか、犠牲の大きさに気が遠くなりそうです。買う人がいて、売る人がいる。買う人がいなければ、売る人は消えるはずなのに。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。

 動画制作者:The Humane Society of the United States

 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。