犬が叱られている時によく見せる仕草5選

犬が叱られている時によく見せる仕草5選

愛犬が悪いことをした時、「ダメでしょ」と叱ることは飼い主としてよくありますよね。その時、毎回必ず見せる仕草はありませんか。中には「叱っているのにその態度は…」とこちらが戸惑ってしまう仕草もあります。これらの仕草にはどのような意味があるのでしょうか。

お気に入り登録

見たことない?犬が叱られている時によく見せる仕草

女性に叱られる犬

皆さんは愛犬を叱っている時、「毎回同じ仕草をしているな」と気づくことはありませんか。犬の仕草には、それぞれ意味があります。ここでは犬が叱られている時によく見せる仕草と、それぞれの仕草に込められた心理状態を紹介します。

1.あくびをする

愛犬が悪いことをして叱っている最中に、なぜか大きなあくびをして見せることはありませんか。「叱っているのにその態度は何?」「反省していないの?」と思ってしまうかもしれませんが、これは一種のストレスサインです。

叱られている時にあくびをする場合、「怖いからもう怒らないで」「わかったから怖い顔をやめて」という心理状態があくびに表れています。

犬は長時間長々と叱ってもあまり効果はありません。もしも長々と説教している場合は、単純にストレスを与えるだけなので控えましょう。

2.目線をそらす

叱られて視線を外す犬

気まずそうに目線をそらす仕草もよく見られますよね。これは見てわかる通り、「飼い主さんが怒っている…怖いな」「気まずいな」という心理状態が表れています。

多くの犬の場合、叱られている時は目線をそらすか、上目遣いでこちらをチラチラと見てくることが多いです。上目遣いで見てくるときも「怒っているな」「怖いからもう終わりにしてくれないかな」と思っています。

3.「ふっ」と短いため息をつく

飼い主に叱られている最中に、「ふっ」と鼻を鳴らすように短いため息をつくことはありませんか。これは「怖い」という感情よりも「不満だな」「早く終わらせてくれないかな」という心理が強いです。

自分が怒られていることはわかっているものの、あまり飼い主に叱られていることに対して、恐怖や不安を感じていません。

このような態度をとる場合は、長々と説教をしても無意味なので、ピシャッと「ダメ」と低い声で叱った後、しばらく無視したり部屋を出るなどして、「悪いことをするとかまってもらえなくなる」と学習させる方が効果的です。

4.飼い主の手や顔を舐めようとする

叱られて飼い主の手を舐めようとする犬

叱っている最中に、突然飼い主の手や顔を舐めようとする犬は少なくありません。これは「わかったからもう怒らないで」「落ち着いて。怖い顔はやめて」と伝える時に見せる行動です。

相手が自分に対して負の感情を抱いていることを理解した上で、どうにかして宥めようとしているのです。きちんと叱られていること自体は理解しているので、こちらも長々と説教したり、怒鳴ったりするのはやめましょう。

5.お腹を見せてくる

叱られている最中にも関わらず、コロンと仰向けになってお腹を見せてくる犬もいます。「可愛いことをアピールして怒るのをやめさせようとしているの?」と思うかもしれませんね。

たしかに、結果としては「もう怒らないでください」というアピールです。しかし、そこには「もう降参です」「こちらに敵意はありませんので、落ち着いてください」という意味が含まれています。

少々不安や恐怖を感じているサインなので、長々と説教したり、大声で怒鳴っている場合は、叱り方を見直しましょう。

犬には基本的に『反省』という概念はない

靴を壊して怒られる犬

ここまで犬が叱られている時によく見せる仕草を5つ紹介しました。皆さんの愛犬には、紹介したような仕草は見られますか。

犬が悪いことをした際は、きちんと叱ることは大切です。「これはダメなことなんだよ」と何度も学習させることで、次第に悪さをしなくなるのです。しかし、犬にはそもそも『反省』という概念がありません。

「反省しないのならば、叱っても意味がないのでは」と思うかもしれませんが、反省という概念がないだけであって、反省に似た感情はあります。例えば、飼い主に叱られて「怖い」「不安だ」という感情は、「今後同じことをしないようにしよう」という考えにつながります。

長々と説教したり怒鳴って威圧したりする行為はNGですが、「ダメだよ」と低い声でピシャッと叱り、その後、しばらく愛犬と触れ合わないようにするという方法は効果的です。また、良いことをした時は褒めることで、良いことと悪いことの見分けをつけることも重要です。

人間のように反省という概念がない犬であっても、「こうしたら飼い主がかまってくれなくなる」「優しくしてもらえない」と考えることはできます。正しい方法で学習させ、しつけをしていきましょう。

まとめ

犬のしつけをする少年

いかがでしたでしょうか。犬が叱られている時、さまざまな仕草を見せますが、基本的には「怖いからもうやめて」といった心理状態が反映されています。怖がっている仕草を見せている時は、長々と説教していてもそれ以上の効果は得られません。早めに切り上げて、しばらくそっとしておくなど、より効果的な方法を模索してください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。