不潔な環境で栄養失調、日光不足のため歩けなかった子犬を救出。すると…

不潔な環境で栄養失調、日光不足のため歩けなかった子犬を救出。すると…

劣悪な環境の子犬工場が摘発され、300頭近い犬が救出されました。中には栄養失調と日光不足から歩けなくなっていた子犬も。救出後に適切な世話をすると、子犬は急激に回復してゆきました。

お気に入り登録

鼻を鳴らし、床をはって前進する子犬

救出

劣悪な環境の子犬工場が摘発され、295匹もの犬が救出されました。その中にいた小さな「ダニエル」は、暗い施設内でひどい栄養失調ために、歩行障害が出ていました。

背後で他の犬たちが吠える中、ダニエルは鼻を鳴らしながら地面にはいつくばるようにして懸命に救出者の方へ寄ってきます。前足が極度に弱っていているため、前のめりであごが地面につくような形でしか前進できないのです。

ただ甘えているのとは違う必死さが感じられ、胸がギュッとします。

ところが、救出後ほんの2,3日でダニエルの健康状態はみるみる改善して…

回復

ビョンッと跳ねることができました!

子犬の体と精神の発達に欠かせないこんな遊びや人との交流も、子犬工場ではなかったのでしょうね。

前足も使って、バランスを取りながら歩行も始めたダニエル。栄養失調と暗い建物の中での放置状態が、健康な子犬の体をむしばんでいたのです。

2週間もすると、かなり正常に近く歩けるまでに回復しました。

ぺちゃんとしていた耳が立ってきましたね。

そして今では…

その後

たくましく成長するダニエルが夢中で遊ぶ姿が映し出されます。すばしこく動き、大またで走るダニエルは、健康そのものに見えます。幼い時の栄養失調の影響は、幸い最小限に抑えられました。

それにしてもダニエル、シェパードだったのかな?かっこよく成長中!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。