捨てられ被毛がベタベタのフェルト状になった犬の驚きの変貌!

捨てられ被毛がベタベタのフェルト状になった犬の驚きの変貌!

米国の乾燥地帯を1人で歩いていた犬を保護。伸び放題の長毛がからまって、足を動かすことにさえ支障が出ていました。

お気に入り登録

喝采!ビフォー・アフター

通報・発見

米国西部の乾燥地帯の舗装されていない道路をとぼとぼと歩くコッカ―スパニエルの保護依頼を受けて、保護団体J.J. Woofin' Paws Rescue Agencyが現場に急行しました。

この辺りでは、人目につきにくい裏庭で販売用の犬を繁殖させる人がいて、そういった繁殖業者が捨てたとみられます。取り締まりも重要ですが、消費者が安易に犬を買わないということが、虐待防止にいちばんの特効薬ではないでしょうか?背景もわからずに犬を買う行為は、犬を傷つける行為に直接つながっているかもしれません。

犬の長い体毛はすっかりべたべたで、性別もすぐにはわかりません。きれいにブラッシングしたらすばらしい毛並みなんでしょうね。目の下はどうなっているのでしょう…。

保護依頼した人によると、メス犬だそう。連れ帰って「ドロシー」と名付けました。

自分で体をなめようとしますが、うまくできません。

尻尾を振って嬉しさを表現してくれるドロシー。

その足元は、毛がからまって足かせのようになり、毛の中には死んだ虫や電話コード、小枝などがからみついていたそうです。その状態で一生懸命、歩いていたのですね。

目の周りのはれの他、体のあちこちに傷も見つかりました。

ケア

保護の翌朝、病院へ連れて行きます。キャリーケースに入ることには抵抗がなく、かえって落ち着く様子。

これ、すごいですね。垂れた耳の先に毛がフェルト状にぶら下がっています。

麻酔を打ち、数時間かけて毛刈りと洗浄を行いました。

すっかり、さっぱり!本人も体が軽くなって気分が良いでしょう。嬉しそうにソファに体をこすっては、尻尾をピョコピョコ。人に対しても馴染んできました。

それから

その後、目の周りのいぼ状のものも切除、体じゅうの傷も治って、3歳のドロシーはすっかりきれいになりました。どちらのお嬢さん?という感じです!体毛が伸びてきたら、今度はきちんとブラッシングされて毛並みを維持できるでしょう。

動画作成の時点で里親さんを募集中ですが、きっと素敵な家庭に引き取られたのではないかな、と思いますし、そう願います。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:J.J. Woofin' Paws Rescue Agency

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。