飼主が逮捕され、取り残された愛犬はセンターへ。そして悲劇は起きた…

飼主が逮捕され、取り残された愛犬はセンターへ。そして悲劇は起きた…

一人暮らしの飼い主に何かがあれば、家に取り残された犬には飢えが待っています。この時の飼い主さんの選択肢は他にはありませんでした。

お気に入り登録

悲劇

逮捕

ミニチュアダックスフンド

一人暮らしの飼い主が事件を起こし、逮捕されました。

取り調べ中に飼い主が刑事に相談しました。

「アパートの部屋には犬がいる。このままでは飢え死にしてしまう。助けてください!」

センター(保健所)

ダックスフント

警察は動物愛護センター(保健所)の職員さんに相談しました。

センターが犬を『預かる』ことはありません。センターは犬を『収容する』ことしかできないのです。そして収容には手続きと約束事があります。

  • 犬の飼い主としての所有権を放棄すること
  • 犬がどうなったかを後で絶対に聞かないこと

この誓約を取るため、職員さんは飼い主が拘束されている警察署に出向きました。

特別な事例

ミニチュアダックス女の子

センターから愛護団体に、その事実は知らされませんでした。その犬のことでセンターから相談されることもありませんでした。

何故なら、事件を起こしている人の犬を愛護団体に頼むのはリスクがありすぎるからです。

特にこれはめったに起きない特別な事例でした。だから、一切その犬が収容されたことを私たちの団体に知らされることはなかったのです。

電話

Close-up photo of male hands with smartphone

ではなぜ、その犬とその飼い主の話を知っているのか?というと、飼い主が釈放されて、ネットで調べて地元の愛護団体に電話してきたためです。

「高齢の小型犬を最近、センターから引き出さなかったですか?」

飼い主はセンター収容の犬猫達を助けている団体が、その犬を引き出しているかもしれないと電話してきたのでした。

事情

Man using smartphone

それで事情を詳しく聞きました。

何故、そんなことを訊くのか?何故、そうなったのか?を聞きました。ただし、どうして飼い主が警察に逮捕され拘留されたのかは聞きませんでした。それは犬とは関係ないからです。私達には関係ないからです。

飼い主のどうしようもなかった事情を察し、センターに訊いてみることにしました。

「聞いてはみますが、多分、判らないと思います」

それでも飼い主はすがるような思いで待っていました。

ダックスフント 見上げ顔

センターは、飼い主からこちらに電話があったことを残念がっていました。その後のことを訊かないと約束したのに、それを破って調べてまで私たちに聞いてきたからです。

犬が、どうなったかをセンターは私達にも教えてはくれなかったです。ただ、1つこれだけを教えてくれました。

「私たちはその犬の殺処分はしていません」

推測

レンズを見つめて

犬がセンターに収容された日から、飼い主が釈放された日までかなり時間が経っていました。確か2~3ヵ月は経っていたと思います。

でも、その犬はセンターの愛護棟には出てきていませんでした。そして私達にもセンターからの相談がなかったのです。高齢の小型犬が収容されて愛護棟に出せない場合は、処分される前に私たちにたいていの場合は相談が来ます。

それが来なかったということは、考えられることは収容されたセンターの中で亡くなってしまったということになります。

高齢犬や衰弱している犬は収容されて、センターの中で亡くなることがあります。

その犬もそうだったと思います。

答え

不満のあるベロニカ

飼主曰く、高齢ではあっても元気だったそうです。

でも、どうでしょう?

飼主が帰らなくなったアパートの部屋に突然知らない人が入ってきて、自分を捕まえて知らない場所に運ばれたのです。そして、ベッドもないカーペットもない冷たいコンクリートの壁と床しかない犬舎に突然入れられたわけです。

皮肉なことに飼い主が逮捕されて拘留されたと同じ状態に愛犬までなってしまったのです。いえ、飼い主は人間なので、お布団はあったことでしょう。でも、センターの犬舎では犬にはそれは与えられません。

多大なストレスと恐怖、不安が高齢犬をいっきに襲ってきたと思われます。

職員さんが何気に呟きました。

「例えば2日で亡くなるケースもありますから」

例えばの話でしたが、もしかしたらそれが答えだったかもしれません。

事実

飼い主がミニチュアダックスフンドを撫でる

それをすべて飼い主にお話しました。

大後悔をされていました。

「せめて最期は看取ってやりたかった」と。

私は最後に傷口に塩を塗るようなことを言いました。

「犬が亡くなってしまったとしても、それは決してセンターのせいではありません。すべてあなたがしたことなんです。大事な愛犬がひとり部屋で飼主の帰りを待っていると思ったら、逮捕されるような事件など起こすことはなかったのではないですか?それを踏まえて、今後はしっかりと生きて行ってください!」

最後に

笑顔の犬

犬が飼い主のせいで死んでしまった話は現実にあります。

以前、愛犬を引き取ってほしいと電話がありました。その後ろで愛犬の鳴き声がしていました。結局その電話を飼い主が私にかけてきた翌日に、愛犬は身を引くように亡くなってしまったそうです。もう自分を必要としていない飼い主の言葉を聞いて。

犬には人と同じか、もしかしたらそれ以上の感情があります。あなたの気持ちはすべて伝わるのです。愛する飼い主の言葉はちゃんと理解しています。どうかあなたの愛犬を悲しませるような辛い思いをさせないでください。

※こちらの記事は下記の団体より許可を得て掲載しております。
 掲載団体名:ディ・アンク

ディ・アンク

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    皆保護センターを勘違いしてると思います。大抵捨てる人がそうです。そもそも保護センターは保護と言われますがあくまで1次的な保護です。あとは里親が決まるかどうか。でも譲渡条件が満たせない犬はどうなるかお解りですか?答えは処分です、殺します。高齢持病、危害を加える可能性大は行場もなく新しい家族にも恵まれず死んでいくのです。保護センターは保護する場ではなく殺す場です。犬舎がコンクリート床なのはそれはが理由かもしれません。保護センターとシェルターは別です。もし手放すならシェルターにお願いしましょう。そもそも犬を買ったからには責任を持つこと。犬に限ったことではありません。命を買うのは責任を買うこと。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    父親元刑事なんですが、大の犬好きで犬には罪はない。犬にとって良い飼い主だった。と言ってうちに連れてきてたの思い出した。携帯で写メって気軽に見せられる時代じゃなかったから使い捨てカメラで撮って面会行ってた。
    実際保護団体に引き出されてたらまだしも、殺処分された事例は多いのかな…
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。