犬が飼い主から離れて寝る時の心理4選!どんな意味があるの?嫌われてる可能性は?

犬が飼い主から離れて寝る時の心理4選!どんな意味があるの?嫌われてる可能性は?

この記事では、愛犬が飼い主さんから離れて寝る時の心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が飼い主から離れて寝るときの心理1:他に気になることがある

舌を出してこちらを見ているバーニーズ

犬が飼い主から離れて寝るときの心理としてまず紹介するのが「他に気になることがある」です。

ワンちゃんは好奇心の旺盛な動物です。何か気になることがあったら気になる方に行くことが多く、疲れたり休もうと思ったりした場合はそのまま眠ってしまうことがあります。

このような理由からワンちゃんが飼い主さんから離れて寝ることがありますが、その気になることが解消されればまた飼い主さんの近くに来て一緒に眠ることもあります。

犬が飼い主から離れて寝るときの心理2:暑いから

暑そうにグッタリして眠っているパグ

次に紹介する犬が飼い主から離れて寝るときの心理は「暑いから」です。

犬の体温は人間よりも高く、身体も毛で覆われています。そのため人間が暑いと思う以上にワンちゃんは暑いと思っていることがあります。

このような理由から飼い主さんと一緒に寝ると暑いと感じ、離れて眠るのだと思います。もし愛犬が夏場だけ別々に寝ようとし、寒くなったらまた近くに来て寝るようであれば、この理由が考えられます。

犬が飼い主から離れて寝るときの心理3:気に入ったところで寝たい

犬用のベッドで寝ている柴犬

「気に入ったところで寝たい」も犬が飼い主から離れて寝るときの心理の一つです。そもそも犬は寝床を決める際にいくつかの条件を設定します。その内の一つでもありますが、好きな匂いや好きな物が置いてあれば当然その場所を気に入り、寝床を決める際も飼い主さんの近くよりもそちらを優先するかもしれません。

犬が飼い主から離れて寝るときの心理4:安心している

丸くなって眠っている子犬

最後に紹介する犬が飼い主から離れて寝るときの心理は「安心している」です。

前述の通り、ワンちゃんは寝床を決める際に様々な条件を設定し、その中でも最優先事項となるのが安心さです。寝るときは無防備になることからできるだけ警戒しないで寝ることのできる場所を選ぶといわれています。

もしこの条件の下、愛犬が寝る場所を飼い主さんから離れた場所にしたのであれば、そちらの方が安心して眠れると思ったのかもしれません。

まとめ

こちらを見ながら寝ている犬

このようにワンちゃんが寝る際に飼い主さんから離れるのには何かしらの理由があるということが分かりました。今まで一緒に寝ていたのに急に離れて眠るようになってしまったのであれば、飼い主さんとしてショックは大きいかもしれませんが、ワンちゃんにもそれ相応の理由があります。

何かきっかけがあり、それが嫌で落ち着いて眠れないなどの理由から今に至るわけなのですから、飼い主さんも何か心当たりがないか今一度確認してみてください。改善することがあり環境が変化すれば、以前みたいに愛犬が近くに来て寝るようになるかもしれません。

そうでなければ愛犬は寝る場所に最適だと思う所を自分で決めたのですから、そこで安心して眠れるように、環境を整えてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。