ショベルカーも応援!がれきの山を逃げ回る犬の保護は、犬と人の心理戦

ショベルカーも応援!がれきの山を逃げ回る犬の保護は、犬と人の心理戦

リサイクルセンター敷地内の瓦礫の山に居ついた犬の保護。重機も保護団体の取り組みを応援しますが、大事なのは犬と人の心理的な距離を縮めることでした。

お気に入り登録

ごみの山を逃げまどう

通報・発見

リサイクルセンターの運営者から、回収したごみの山にピットブルが入り込んだと保護依頼。ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が現場に到着しました。

現場は建物を解体した瓦礫が積み上がり重機が稼働する、犬にとって危険な場所。

瓦礫の山を見上げて目をこらすと、上の方に開いたすき間に、犬の顔がのぞいていました。この山を慎重に登って、犬にたどりつけるでしょうか。

リサイクルセンターの人がショベルカーを操作して、上りやすく「山道」を作ってくれました。

でも瓦礫の山を登る前に、周りの騒ぎで不安になった犬は、穴から出て瓦礫の山のてっぺんを越えて逃げてしまいます。

そして悲し気に吠えました。

2方向、3方向から人が犬をはさむようにして、走りでたところにワイヤリードをかけようと試みますが、失敗してします。

ついには瓦礫の山を離れて、敷地内のどこかに隠れてしまいました。

1日目は、終了~。

接近・保護

気を取り直して、2日目。

人が歩けるように、ショベルカーやブルドーザーが山を平らにします。気合入ってます!

追いかけっこ第2ラウンド、開始!犬は瓦礫の山を下りて、広い敷地内に出た模様です。

いた!

運よく、囲い込める場所でした。

それを察知して、犬が吠えます。ワン!ワン!ワオゥオゥオゥオゥオゥ!

ここからは人と犬の、心理戦。

犬の恐怖心を和らげることはできるでしょうか?

ヒトの方も犬の頑丈なあごで咬みつかれたくはないので、大きなパイプの上に陣取っています。

上から目線は、犬にとってはさらにストレスですね。でもこの犬、激しく咬みついて抵抗するタイプではないかも。

「来ないで~!あっち行って~!」と、一生懸命訴えている感じです。

30分も経つと、暑さも手伝って、犬も緊張状態を保てなくなっているらしく…。

ヒトはパイプから降りて地面に座り、ワイヤリードで犬に触れたりして、徐々に慣らしていきます。

すると…。

伏せた~!

「グッボーイ(いい子だね!)」と連呼しながら、ワイヤリードを首にかけることができました。

そして、これ。

「ソー」と名付けたこの穏やかな子は、疲れと安堵(あんど)に包まれて、車でこの状態です。

ケア

病院でのシャワーでもこの通り大人しい。

それから

穏やかで人が大好きなソーは、一時預かり施設に入りました。

そこでも、対決したあのヒトに跳びついて目いっぱい愛情表現するソーを見ていると、口角がキュッと上がってしまいますよ。

動画をどうぞ!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。