子どもたちの行動力によって救われた高齢のチワワ

子どもたちの行動力によって救われた高齢のチワワ

駐車した車の下に居ついた高齢のチワワを世話する一方、子どもたちは鑑賞していたレスキュー動画を思い出して、保護団体に保護依頼の電話をかけました。

お気に入り登録

保護の功労者は、子どもたちと女性たち

通報・発見

駐車した車の下で暮らす小型犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS がやってきました。

電話をして知らせてくれ、現場で案内してくれたのは子どもたち。

「見つけて、どうしよう、どうしようと思って…それで、YouTubeでレスキュー動画を見たのを思い出して、それで…」と、子どもらしく、でもしっかりと説明してくれます。行動力が嬉しいですね。

そこにいたのは、油にまみれたチワワでした。

協力・保護

手を近づけると、犬は弾けたようにジャンプして横の車の下に隠れてしまいました!コロナ対策のマスクは、犬を余計に恐がらせるでしょうか?

しばらく子供たちと、犬に食べ物を与えていた女性に任せてみることにします。犬は女性を信頼しているようで、近づいています。

彼女はかがんで、犬の首をギュッとつかむことに成功!そこでもう1人が布リードを首に回します。2人の女性の見事な連係プレー、保護団体の出る幕なし!笑

高齢で、爪が伸びきっています。もっと伸びると巻き爪になって食い込み、痛みで歩けなくなってしまうでしょう。

協力してくれた皆さんに感謝して別れ、犬を車に乗せると、柔らかな毛布が気に入ったよう。

団体リーダーへの恐怖心も薄れたようです。「スティンピー」と名付けました。

ケア

病院でのシャワーは、震えながら頑張りました。

体が渇くと、遊び心もよみがえってきたスティンピー!

でもその後、疲れ切って食べるよりも先に眠ってしまいました。

それから

検診と処置を済ませて、スティンピーはさっそく一時預かり家庭へ。

この子も、どこかの違法子犬工場で「生産」されたのでしょうか。高齢になって飼い主に捨てられたのでしょうか。チワワのか弱さが際立つスティンピーですが、高齢で路上での暮らしを耐えて、やっと温かく迎えてくれる施設にたどりつきました。

次は本当に安心できる素敵な里親さんの元にたどりついて!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。