やせ衰えても子犬たちの世話をしていた母犬。力尽きる前に保護できた!

やせ衰えても子犬たちの世話をしていた母犬。力尽きる前に保護できた!

外飼いの犬は、凍える大雪の日も、栄養失調で凍える体で2匹の子犬たちを世話していました。説得に応じてネグレクトの飼い主が手放してくれたおかげで、犬の親子に未来が開けました。

お気に入り登録

餓死か凍死の2択!?

通報・発見

英国の動物愛護団体RSPCAの職員レイチェルさんが、「ジョージ―」を紹介します。エリザベスカラーをつけて、ソファでぐったりしている様子。手術を受けた後、まだ麻酔が効いているのかもしれません。

ジョージ―の保護依頼が何件かRSPCAに舞い込んだのは寒い冬でした。

子犬を産んで間もないジョージ―は極度にやせ衰えていました。体は骨が浮き出してゴツゴツ、わずかに乳房がふくらんでいるのがわかります。栄養分はすべて母乳に回っていたのでしょう。このままでは餓死も近い状態のように見えます。

でも、ジョージ―には飼い主がいました。貧困から犬の世話が十分にできなかったのか、元々飼い主がネグレクト傾向だったのか不明ですが、ジョージ―は大雪の日にも、体温を保つ長く密な体毛も皮下脂肪もない体で、外で過ごしていたそうです。

ジョージ―が身を削って授乳したおかげで、子犬たちはまずまず健康なようです。

ケア

そして最初の場面に戻ります。ここはRSPCAの地方事務所。保護から6週間、職員やボランティアは、ジョージ―を温かく迎えて世話をしました。

まずやせ過ぎた体を健康体に戻すことが先決、そして耳の病気があったようで、手術も行いました。

2匹の子犬たちは、心身共に健康そのものです。

その後

ところで、動画後半に映るジョージ―の右耳が、なんだかおかしな事になっているような…。実は、ジョージーが体をブルブルッと震わせるたびに手術の傷口が開いてしまうため、ふさがるまで耳たぶを持ち上げて頭のてっぺんにちょこんと縫い付けてあるんですって!笑

ジョージ―はその後、素敵な里親さんの元にたどり着きました。レイチェルさんは子犬たちについては説明していませんが、健康な子犬たちのこと、きっと彼らも里親さんにめぐり会うことでしょう。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA UK

RSPCA UK

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspca.org.uk/

▼ 各種SNSも要チェック!
Facebook
Instagram
Twitter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。