骨盤骨折で倒れていた泥だらけの小型犬はレスキュー&手術で大変身!

骨盤骨折で倒れていた泥だらけの小型犬はレスキュー&手術で大変身!

事故で骨盤骨折し動けない小型犬は、丸1日、道路脇に放置されていました。救助して、手術して、トリミングした後の姿は、まるで生まれ変わったようです!

お気に入り登録

24時間、誰も通報しなかった

通報・発見

大ケガをした犬がいるとの連絡で、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が犬の元へ車を走らせました。

すると、道路のはじ、縁石にもたれかかるように倒れている小型犬を発見。おもわず、「オーマイガー…」とつぶやきます。

交通事故、かなあ…。

通報者によると、犬はそこにもう丸1日、倒れ込んでいるそう。もし誰も連絡しなかったら、ここでこうして、命を落としていたのでしょうね…。

保護

意識はしっかりあり、近づくと、上半身を起こします。血だまりもない…。見ていて少し、ホッ。でもケガの状態は?

静かに声をかけながらゆっくりと手を犬の鼻先に持って行って、あいさつをします。犬は手の臭いをかいで、あいさつを返してくれました。

でも立ち上がることができません。

おそらく骨盤を骨折しているのではないかと、推測します。

犬を少しだけ持ち上げて、すぐ横に置いた寝袋の上にずらすようにして寝かせます。

信頼してくれたのか、声をあげる気力もないのか、犬は大人しくしています。

犬を寝袋ごと地面からすくい上げるように持ち上げて、小わきに抱えて車へ運びます。顔が泥んこ。

座席にそっと寝かせて、犬に「レディ」と名前をつけました。

レディはこの状況をすっかり受け入れています。

ケア

病院で状況説明し、さっそく検査です。

字幕で、「(24時間という)長時間、誰もこの犬の救助を求めなかったのが悲しいです。」とあります。

多くの人は、「かわいそう」と思っても、まずどこに連絡すればいいかわからない、それを調べて電話をする、という壁を越えられないのでしょう。私たち1人ひとりが、この壁を乗り越えられますように。

レディはさすがに不安になって、「ヒンヒンヒン」と鼻を鳴らしました。

何とも言えないこのお顔。

X線撮影をして、骨盤骨折が確認されました。

手術風景は省略されていて、これは手術後でしょうね。

エリザベスカラーをつけて、表情が前より少し、きりっとしている感じです。

字幕:「いただいた寄付金で、この子の命は救われました。」「治療の後、一時預かり家庭に引き取られました。」

それから

お?おぉ~!レディのこの変貌、お見事!

保護団体の啓蒙イベントでは、団体メンバーや招待された人気DJなんかと同席しています。

そして何より、楽しそうにダッシュしている!骨盤を骨折して、道路脇に倒れていたあの子が!

救える命、救える体が、救われました。

レディの素晴らしいビフォー・アフター、動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。