保護犬カフェで出会った、いつ見ても笑顔の「繁殖引退犬」ポムル

保護犬カフェで出会った、いつ見ても笑顔の「繁殖引退犬」ポムル

小さい頃から犬と生活をしてきた私と、小さい頃は犬が苦手だった旦那の元に1匹の保護犬がやって来ました。笑顔が可愛くておっとりした性格の保護犬ポムルとの出会いをお話ししたいと思います。

お気に入り登録

ポムルと私たちの楽しい生活の始まり

オレンジのおもちゃと映っているポムル

ポムルと出会う前

結婚して2年。私たち夫婦は仲良く楽しく暮らしていますが、なかなか子供が授からず「周りの友人はみんなママになっていっているのに」と、焦りと不安でしんどくなってしまいました。そんな時、旦那の仕事の都合で地元から引っ越すことになりました。

新しい家はペットOK。「犬飼いたいなぁ」と話していた時にSNSで保護犬カフェのことを知り、そこから毎日どんな子がいるのだろうと検索するようになりました。

保護犬

1度は保護犬という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、日本には新しく家族になってくれる人を待つ犬や猫その他の動物たちがたくさんいます。

保健所や保護施設や保護犬カフェなどには、飼育放棄された子や野良犬、迷子犬、繁殖引退犬など様々な過去を持つ子たちがたくさんいるのです。

保護犬カフェ

私たちはいろいろな施設があるなかから保護犬カフェを選び、新しい家族を探すことにしました。

保護犬カフェにはたくさんの子がいました。性格もバラバラで甘え上手な子、やんちゃそうな子、ひとり隅で座っている子などどの子も個性があふれていました。

そんな保護犬カフェで私はある1匹の犬から目が離せなくなってしまいました。

その犬はブリーダー引退犬でした。女の子なので何回か子供を産んだのかな。と思っていましたが、その子はヒート(人間でいう生理)が来たことがないらしく一度も産まずに保護された犬でした。

ポムルとの出会い

ゲージに入っているポムル

初めてポムルを見た時の第一印象は『不思議な子』でした。

私たちが訪れた保護犬カフェの子たちはみんな人懐っこく、触ってほしい!遊んでほしい!と甘えてきてくれましたが、ポムルだけは人には目もくれずにおもちゃで遊んだりお客さんのかばんをごそごそあさったりしていたのです。

そんな少し他の子とは違ったポムルが可愛くて、迎えるならこの子がいいなと新しい家族に迎えることを決めました。

お迎え当日

リュックに入っているポムル

ポムルを迎える日が来ました。

その保護犬カフェではペットショップのように予約ができません。過去に「来週お迎えにきます」と言ったきりお迎えには来ず電話もつながらないという状況がおきたからだそうです。

私はそわそわしながらオープンを待ち、ドキドキわくわくで仕方ありませんでした。

ポムルと再会し「今日からうちの子だよ。」とポムルに話しかけるとちゃんと理解したのか、自ら膝に上ってきてくれたのです。

私は本当にうれしくてこの子にしてよかった!と思ったのと同時に、これからは私たちがこの子を幸せにするんだ。と使命感が湧きました。

ポムルとの生活

正面向いているポムル

待ちに待ったポムルとの生活は初日から大変でした。

深夜、別室で寝ていたらいきなり「ワン!ワンッ!」と鳴き出しました。何事!?とポムルのところに行くと、なんとウンチまみれだったのです。2人ともあ然としてしまいました…

片付けてやっと眠れると思ったらまた「ワン!」と鳴くのです。そうです。またウンチまみれなのです。

そんなこんなで初日が終わりました。

寝ているポムル

次の日からはどちらかがポムルと同じ部屋で寝ることで安心したのか、家族全員ぐっすり眠れるようになりました。きっと不安になったんだろうな。と反省しました。

トレーニング開始

リードと映っているポムル

ポムルはブリーダー卒業犬です。なので一般家庭で体験できるしつけやお散歩などは全くし知りませんでした。

最初はどうして普通にご飯がもらえないの?と不思議そうにしていましたが、今は楽しくトレーニングに励んでくれています。

今からお散歩に行くことや遊びに行くことが楽しみでしょうがない親ばか飼い主です。

ポムルが来てから…

ピンクのおもちゃと映るポムル

まだポムルが家族になってから日は浅いですが生活がガラッと変わりました。

休日はいつも2人して寝坊していましたが、今はポムルがいるから自然と目が覚めます。出かけるときもなるべく早く帰るようにしたりと、いつも中心にいるのはポムルです。

ポムルが来てから毎日がイキイキとしています。私たちのところに来てくれて本当にありがとう。と思うのです。

まとめ

足の上で寝そべるポムル

『犬を飼うならペットショップ』が定番かもしれません。たしかにペットショップにはかわいい子犬がたくさんいます。そこにいる子犬たちも新しい家族を待っています。

ですが、ペットショップだけではないのです。

ペットショップで売られている子たちと同じくらい、いや、それ以上の保護犬たちが行き場をなくして不安な思いをしているかもしれません。

私は元保護犬のポムルと出会うことができて本当に幸せです。

これから新しく家族を迎えようとしている方がいたらぜひ保護犬も見てあげてください。魅力的な子がたくさんいると思います。

少しでも幸せになれる子が増えますように。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。