犬を飼って長い人が絶対にしない『3つのこと』

犬を飼って長い人が絶対にしない『3つのこと』

嬉しいことも悲しいこともたくさん経験しているからこそ絶対にしないことがあります。『犬を飼って長い人が絶対にしないこと』についてまとめました。

お気に入り登録

1.迷惑行為

笑顔で座るバーニーズ

犬を飼って長い人は、例として次のような「迷惑行為」は絶対にしません。

  • 排泄物を処理せず、放置して立ち去ること
  • 許可されていない場所で愛犬を自由にさせること
  • 公園の植木や花壇や芝生にマーキングやおしっこをさせること
  • 他人の家の塀や門柱や植木にマーキング(おしっこ)をさせること
  • リードを長くしたまま散歩させること(他の人や犬とすれ違うとき)
  • 庭で抜け毛のお手入れをすること(他所の庭やベランダに飛んでいくことがある)
  • 犬同士をいきなり触れ合わせること(喧嘩やトラブルの原因になりやすい)

このような迷惑行為はクレームに繋がります。犬を飼って長い人の中には、自治体や管理者や所有者から直接クレームを受けたことのある人もいます。注意されるまで「いけないことなんだ」という認識がなく、「バレなければ良い」「みんなやっているから」という理由で迷惑行為を続けてしまう人もいます。

しかし、犬を飼って長い人の中には、自分自身が迷惑行為を受けてしまった経験のある人もいます。本当に嫌なことですし、腹も立ちます。だからこそ、このような迷惑行為は絶対にしないと心に決めるのです。それは、愛犬の安全と命を守ることにも直結しているからです。

2.自信がないのに犬を飼うこと

菜の花畑で座っている服を着たチワワ

犬を飼って長い人は「自信がないのに犬を飼う」ということは絶対にしません。愛犬が亡くなり、次の犬を迎えるかどうかを判断する場合です。自信があるからこそ犬を飼うことができます。

愛犬のお世話にかかる時間を確保することができない

仕事や育児が忙しく、愛犬のお世話にかかる時間を確保することができない、もしくは一日のほとんどをお留守番させることになると分かっている場合、再び犬を飼うことは絶対にしません。自分自身や家族のお世話で精一杯なとき、犬を幸せにしてあげることができないからです。

十分にお世話されず、不衛生な状態で暮らす犬もいます。病気に気づいてあげられないこともあります。そういったことがあってはならないからです。

散歩や運動に付き合えるだけの体力がない

年齢に関係なく、愛犬との散歩や運動に付き合ってあげられるだけの体力に自信がない場合、再び犬を飼うことは絶対にしません。犬が運動不足になり、肥満やストレスなどの生活習慣病になってしまうからです。心臓病などの重い病気を併発する原因にもなります。

経済状況が思わしくない(犬にかかる食費や生活費や医療費など)

自分自身や家族の食費や生活費や医療費は十分だけど、そこにプラス犬の費用が加算されるとなると経済状況が思わしくない。犬にかかる費用を十分に用意することができない場合、再び犬を飼うことは絶対にしません。

粗末な食事を与えること、予防医療や治療を受けさせてあげられないなんてことがあってはならないからです。首輪やハーネスやリードも適切で安全な物でなければなりません。

愛犬の介護ができるかどうか

最期のときまで愛犬のための幸せな介護をする自信がないとき、再び犬を飼うことは絶対にしません。犬の介護は壮絶なものです。悲しくて苦しくて、愛犬に申し訳なくて涙する日もあります。

寝たきりになり、上手く食事もできず、夜鳴きをすることもあります。もがき苦しむ愛犬の姿を見守ることしかできません。そのようなことがあっても楽しく笑顔で愛犬の介護をすることができるでしょうか。

3.寂しさを埋めるためや癒しのために犬を飼うこと

ブランケットの上で眠るジャックラッセルテリア

犬を飼って長い人は、「寂しさを埋めるためや癒しのために犬を飼う」ということは絶対にしません。

確かに犬を飼うと毎日の生活に楽しみや幸福が増え、その存在に癒されます。けれども犬を飼うということは同時にその犬の一生に責任を持ち、最初から最後まできちんとお世話するということでもあります。

犬は命であり、ぬいぐるみのように簡単に買い替えができるものではありません。犬を飼って長い人は、犬の素晴らしさと同時に終生飼養にまつわる大変さもよく分かっているのです。

まとめ

フードボウルの前に座っておねだりするラブラドールレトリバー

犬を飼って長い人が絶対にしないことは主に3つあります。

  • 迷惑行為
  • 自信がないのに犬を飼うこと
  • 寂しさを埋めるためや癒しのために犬を飼うこと

全ては「犬の安全や命のために絶対にしないこと」です。自分のためではないのです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    俺も犬を飼って12年経ちます。最初思ってた理想とはかけ離れていたしこんなに世話が大変なんて思わなかった。今ではもう迷惑行為させないし安易に飼おうとは思わない。どうせ不幸にするなら飼わないほうが犬の為だと思う。ペットショップいりゃ最低限の世話してもらえるから。犬はあんたの癒やしや寂しさを埋めるためにいる訳じゃない。道具じゃないし人間の代わりでもない。犬は犬、犬という生命体。歳を取るし最後は死ぬ。時が経てば出来てたことも出来なくなる。どんな事があろうと見捨てないでほしい。人が居なきゃ何も出来ない弱い存在。これから犬を飼うなら先輩などに意見を伺ったりアドバイスしてもらうと良い。少しでも不安なら先送りしても良いと思う。俺も小さいときから犬欲しかったけど許してもらえなかったし。今思えば昔は安易だったと思う。犬は犬として活かすこと、それが俺達の使命。この人間社会で生きる為の躾を行う事が飼い主の責務。それが出来ないなら飼わないでほしい。犬が不幸になるし貴方も辛いだけ
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    田舎だと、1番の迷惑行為は逆で、
    歴が長い人ほどやってますねー…
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。