外に繋がれ水は濁り…拘束されていた小型犬を粘り強い交渉で幸せに!

外に繋がれ水は濁り…拘束されていた小型犬を粘り強い交渉で幸せに!

1年中ベランダの小さなケージに入れられているか、ひもで縛られていた犬を発見した動物愛護団体は、1年間通って引き渡しの説得を続けました。

お気に入り登録

犬の幸せは飼い主が握っている

発見

この子は「カポーン」です。

とある家のポーチで、汚れた水だけ置いてあるこんな小さいケージに入れられていたのを、動物愛護団体PETAの職員が発見しました。

引き渡しを打診するPETAに対して、カポーンの所有者は「この犬はケージを気に入っている」と主張します。

交渉

ケージから出された時でさえ、同じ場所でひもに縛られたままです。

発見から1年間、PETAはこの家に通い続け、カポーンの環境を少しでも改善しようと努力してきました。

その後

所有者自身が施設に入所することになったとき、ついにその家族がカポーンをPETAに引き渡しました。

そして間もなくフロリダ州に住む里親さんと出会いを果たしたのです!カポーンによく似た年上の先住犬がいるお宅。2匹はすっかり意気投合しました。

全体で1分半の短い動画の後半は、汚れたポーチで寂しそうな表情だったカポーンが生まれ変わった元気な姿を見せてくれます。

先住犬と思い切り遊び、ごはん前にダンス、砂浜をぐんぐん歩いたり、心地よい犬用ベッドでぐっすり眠ったり。どの姿も、私たちを笑顔にしてくれそうです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。