走行中に車窓から投げ捨てられたパグ犬。虐待の過去から前を向いて

走行中に車窓から投げ捨てられたパグ犬。虐待の過去から前を向いて

走っているバンから、小型犬のパグが投げ捨てられました。栄養失調と脱毛の状態から、ネグレクトの犠牲になっていたことが明らかでした。子犬工場で「産む機械」になっていた疑いが濃厚なパグのこれから。

お気に入り登録

人の手は、「叩く機械」ではないはず

通報・発見

「ペギー」が走行中のバンの窓から投げ捨てられるのを目撃した人が、英国の動物愛護団体RSPCAに保護依頼しました。

経緯

RSPCAの職員がカメラに向かって経緯を説明する間、ペギーは彼女のひざの上で体をなでられています。おなかに見える乳首は垂れ下がって、これまでに多くの子犬に授乳したことがうかがえます。

保護時のペギーは、脱毛し、極端に内向的だったそう。挿入される写真で、やっと目を開けたペギーの顔を見ることができました。

これまでに何度も妊娠、出産を繰り返したことも明らかだと言います。「現在パグはとても人気の犬種です。でも残念ながら、彼らがどのように繁殖させられているのか知ろうとしない」と、この職員は語ります。

犬の体に大きな負担となる種付けや出産、授乳を強制的に繰り返し、それができなくなると捨てるという虐待が横行しています。

皮膚病やその他の病気になったら当然、お金のかかる治療などするより、捨てるのです。彼らにとって犬の「替え」はいくらでも生産できるのですから。

回復へ

つらい過去の話はここまで。動画の後半は、どんどん元気になり、個性が見え始めるペギーの姿を追います。

当初、人に触れられるのを恐がっていましたが、少しずつ恐怖心を克服できました。

「人の手は、叩くためだけじゃない。やさしくなでるためにある」とわかってくれました。

最後に

一時預かりしてくれた職員の手を受け入れ、彼女の飼い犬と一緒に遊び、散歩をする中で、ペギーの活発な個性がどんどん出てきました。体毛も生えそろい、瞳は輝きを取り戻しました。

さらに、どうやら里親さんの目途も立ってきた様子。

動画の職員からの大切なメッセージ:「もし犬を買うならば、本当によく情報を集めて、ブリーダーの質を見極めてください。実際に訪問して、授乳中の母犬と子犬の置かれた環境を確かめてください」

でも犬を買う必要はないのです。保護犬たちが、私たちを待っています!劣悪な環境に置かれ苦しむ「ペギーたち」に対する責任を、考えていきましょう。ペギーの動画をどうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA UK

RSPCA UK

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspca.org.uk/

▼ 各種SNSも要チェック!
Facebook
Instagram
Twitter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。