トラバサミに前足を奪われた犬を救ったのは…犬達の友情に感涙(2)

トラバサミに前足を奪われた犬を救ったのは…犬達の友情に感涙(2)

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。ポチパパさんの『愛の手』は多くの犬達の未来に明るい希望を与え続けています。

お気に入り登録

自信を失っていた甲斐犬を救ったピットブルの存在

トラバサミに前足を奪われ計り知れない恐怖と不安を抱えていた甲斐犬の『一輝くん』。前回記事『トラバサミに前足を奪われた犬。深く傷つき狂暴化した姿に涙(1)』では、差し伸べられたポチパパさんの手により恐怖や不安から抜け出し、ハンデを抱えながらも犬としての自信を取り戻す瞬間が捉えられていました。

穏やかな表情をみせる一輝くん!

唸る噛むで触れることさえできなかった甲斐犬の一輝くん。お迎えからしばらくするととても穏やかな表情になりました。もちろんポチパパさんがどこに触れても、もう唸ったり噛んだりすることはありません。

保護犬たちの群れへ!

この日は、はじめてひとつの『群れ』の中に参加することとなりました。

「頼むで、優しくな〜」そうみんなに声を掛けるポチパパさん。それぞれがその言葉をしっかりと受け取るかのように自然と一輝くんの側に集まり、そっと寄り添っていきます。しかし、この日一輝くんが仲間たちと一緒に遊ぶ姿を見ることはできませんでした。

ピットブル『ピーちゃん』の存在

群れでの生活からしばらく経ったある夜、ポチパパさんの目の前に思いもよらぬ光景が広がりました。なんと一輝くんがピーちゃんとじゃれ合っていたのです…!

涙を堪えるポチパパさん

嗚咽を堪えながらそっと近づくポチパパさん…。そこにはハンデを物ともせず、無邪気にピーちゃんと遊ぶ一輝くんの姿がありました。その姿からは失われていた自信が溢れ出し、やっと心の枷が取れたようにもみえます。

犬の友情が生んだ奇跡

「ピーちゃん、ようやった!ありがとう…!」と繰り返すポチパパさん。何かしらそれぞれの事情を抱える多くの保護犬たちと接してきたピーちゃんには、一輝くんの不安や恐怖を受け止めるだけの器量があったのでしょう。

ポチパパさんのおかげで恐怖から逃れ、仲間のおかげで自信を取り戻した一輝くん。より輝きを増した一輝くんの新たな人生は次のステップへと歩みだします!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパさんの本が出ました!

2021年1月28日発売!
『どんな咬み犬でもしあわせになれる 愛と涙の“ワル犬”再生物語』

Amazon&お近くの書店にてご予約受付中です★

▶Amazon購入ページはこちら

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。